新ブログ『川越名画座』に引っ越しました。さらに充実した内容で運営していますので、ぜひご訪問ください。

2007年03月30日

#0158『戦艦ポチョムキン』セルゲイ・エイゼンシュテイン監督 1925年ソ連

potemkin ridotta.jpg
”BRONENOSETS POTYOMKIN”

監督:セルゲイ・M・エイゼンシュテイン
原作:ニーナ=アガジャーノ・シュトコ
脚本:セルゲイ・M・エイゼンシュテイン
撮影:エドゥアルド・ティッセ
音楽:ウラディミール・クリュコフ
出演:アレクサンドル・アントノーフ
   グリゴリー・アレクサンドロフ
   ウラジミール・バルスキー

詳しい作品情報はこちら
    ⇒IMDb(英語)


ネタバレあり

さて、とにもかくにもサイレント映画を観ようという気分になり、最初に取り上げるのはやはりこの作品『戦艦ポチョムキン』。不朽の名作にして映画の教科書ですねぇ。「映画って何?」という探究心を持った人は必ず一度は観ている名作ではないでしょうか。(って私は今回はじめてですけど・o・)。

いまさら解説なんかする余地ありません。★★★★★です。モンタージュがどうのとか、オデッサの階段のシークェンスがどうのとか、私ごときの受け売りよりも、巷に優れた記事がたくさんありますのでご参考にしてください。以上。。。。

とはいえ、それだけでは終われないので、まだ観ていない方向けにちょっとだけご紹介すると、、、、

革命前夜のロシア、戦艦ポチョムキン号の乗組員たちは劣悪な食事をきっかけに不満が爆発。暴動を起こし士官を制圧して艦を占拠する。しかし、暴動の主導者ワクリンチュクは銃撃にあって死亡。その亡骸はオデッサの港に安置され、その志と勇気をたたえる市民たちの長い列が出来る。やがて、ワクリンチュクの勇気は葬送にやってきた市民たちにも伝播。市民たちは革命に立ち上がり、艦と街は固い絆で結ばれる。集まったオデッサ市民が艦を歓迎する中、突然政府軍兵士の一団が群衆の鎮圧に乗り出し、オデッサの階段は阿鼻叫喚の地獄と化す。それに対し、ポチョムキンの主砲が轟然と火を噴き政府施設を崩壊させる・・・。

この作品はロシア革命の宣伝のために作られた映画なんですねぇ。1905年の第一次ロシア革命20周年記念映画。実際の歴史では、1905年に起きたポチョムキン号の反乱は政府艦隊によって制圧され成功しませんでした。しかし、作られたのが1917年の革命の後と言うことで、大々的なプロパガンダのために史実とは正反対のストーリーが作られたようです。

そういうことなので、水兵と市民たちの雄姿、押さえつけようとする政府軍の悪逆非道ぶりを徹底的に印象付けることが重要らしく、そのためにエイゼンシュテインは”モンタージュ”という技法を駆使した。そういうことでいいのかな。

で、問題はこの大傑作を前にして私は何を感じたのかということですが、とにかく映像の力というものを感じましたよ。テッテー的に感じました。

作品は全5章立てですが、ウジの湧いた肉をめぐって膨らんでいく乗組員たちの不満と怒りが爆発する”瞬間”を詳細に見せる第二章と、革命のお祭りムードから一転して政府軍兵士による大虐殺が起きる第4章(オデッサの階段)の映像は、特に腹に響いてくるものがあります。

艦上の士官と水兵たちの対立は、現実の政府と民衆の対立を模しているわけですが、尊大な表情のクローズアップが多い士官たちに対して、水兵たちはほとんどの場面で”群れ”で写されています。白い水兵帽をかぶっていますが、これが群れて動き回る姿が妙に印象的なんですよね。なんか、肉にたかって蠢いていた白い蛆虫にも重なるものがあって、いかにも”地を這う群衆”という感じ。

蛆の湧いた肉でつくったスープを拒否した水兵たちは甲板に集められて、司令官ゴリコフの登場。支配階級の権化がスープに満足したものは前に出ろと言います。すかさず前に出る士官たち、拒否する水兵たち。怒りを増していく司令官。にやにや笑う士官のアップ。業を煮やした司令官が衛兵を呼ぶ。武力を前にしてうなだれ言うことを聞くしかない水兵たち。それでも一部の者は頑なに拒否。このあたりどんどんカットが短くなっていきますよね。士官たち・水兵の群れ・甲板の全景がどんどん切り替わって、キリキリと緊張が高まってちょっと胸が苦しくなってきます・・・そして、ついに銃殺命令を発するゴリコフ。帆布を頭からかぶせられた反乱水兵たち。

余談ですけど、”頭から布をかぶせられた複数の人間”の画って、妙にビザールなものがありませんか。その存在は間違いなく人間なのに、その人間性を完全に無視されて単なる肉の塊のように扱われてる、そんな感じ。布から出てる足がまたそう感じさせるんですかね。この前に見たジョニー・トー監督の『ブレイキング・ニュース』でもアパートから逃がされてくる人質たちが5〜6人まとめてシーツかなんかかぶせられていて、それを観たときもおんなじような奇妙な見え方がしたんですよね・・・余談終わり。

射殺命令を出す士官のアップ、うなだれる水兵たち、恐怖のあまりひざから崩れる反乱水兵、そのとき神父が現れますが、これがまたいかにも俗悪な風貌で水兵たちの見方になど金輪際なりそうにない。神父役はエイゼンシュテイン監督本人らしいですね。神父の俗な顔のアップと手に持っている俗な十字架がギラギラ光るカットも追加、さらにサーベルをコツコツたたく士官の手、船首に彫られたライオンのレリーフ、、、そんな映像がどんどん切り替わって一触即発の雰囲気の中、徐々に顔を上げるワクリンチュクが叫びます「兄弟!誰を撃つ気だ!!!」

サイレントなんで音楽と字幕だけなんですけど、ここまでドキドキしましたねぇ。思わず姿勢が前のめりになりました。どんな画をどうつなぐと観客にどんなイメージをもたらすことが出来るのか。エイゼンシュテインは当然計算してやってるんでしょ?すごいですよね。驚きですよね。映画監督というのは本当にすごい人たちだ。

第4章のオデッサの階段はもっとすごい。もう、あんまり長々書きません(エッ?十分長いって?もうちょっと・・・^^;)。ものすごく有名なシーンなので(映画史上もっとも有名な6分間!)カットの内容には詳しく触れませんけど、この第4章って前半は艦と街が友好を築くシーンが実に平和的に描かれてるんですよね。市民が小さなヨットでポチョムキンの周りに集まって。手を振る姿、笑いかける姿。岸にいる市民もみんな楽しそうで、天気も良くて、手を振って。。。メガネをかけた教師風のおばさんとか、マルコメ君みたいな男の子と一緒に手を振るお母さんとか・・・。

「すると突然」・・・。字幕。


次の瞬間、あたりは地獄となります。何の前触れも予感もなしにいきなり。この落差で観客はまず何がなんだかわからなくなりますよね。その後も、説明が与えられるような画は一つもありません。襲い掛かる兵士は決して顔が映ることがない。個人なんてどうでもいいんですね。非人間的な圧倒的暴力。襲撃する兵士たちと撃たれ逃げ惑う市民たちが同じカットに映る事もありません。唯一の例外は死にかけた子どもを抱えて抗議する母親だけ。みんなが逃げ降りる階段を逆行し、兵士たちの前にたどり着いた次の瞬間に射殺されてしまいます。倒れる彼女の上に兵士たちの影が映ってます。倒れる人、逃げる人、隠れる人、血だらけの男の子、乳母車、撃ち抜かれたメガネ。さらに整然と横一列で前進する兵士たち。。。。臨場感ですねぇ。臨場感。まるでその場にいるみたいな臨場感。映画館で観たいよ。

さすがに映画の歴史を作った作品だけのことはありました。前に見た『裁かるるジャンヌ』もクローズアップを駆使した心理描写が良かったけど、戦艦ポチョムキンも良かった。確かに見えないモノが見えた。映像だけでここまで出来るんだなぁ。ちょっとだけ書こうと思ったらえらい書いてしまいました。未見の方ぜひどうぞ。

次回は、『黄金狂時代』(黄金狂時代と戦艦ポチョムキンは淀川長治氏が生涯で一番好きだった映画だそうな)

にほんブログ村 映画ブログへよろしくお願いします!

戦艦ポチョムキン戦艦ポチョムキン
アレクサンドル・アントーノフ セルゲイ・エイゼンシュテイン グレゴリー・アレクサンドロフ

アイ・ヴィー・シー 2003-06-20
売り上げランキング : 9400
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


アクセス解析
posted by FROST at 18:04| 埼玉 ☔| Comment(10) | TrackBack(0) | OLD:その他ヨーロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月25日

女の顔 1938年/スウェーデン【DVD#116】

womansface.JPG

”EN KUINNAS ANSIKTE”

監督:グスタフ・モランデル
製作:ヴィクター・サヴィル
原作:フランソワ・ド・クロワセット
脚本:イエスタ・スティヴェンス/スティナ・ベルイマン/ラーンヒルド・プリム
撮影:オーケ・ダールクイスト
音楽:エリック・ベントソン
出演:イングリッド・バーグマン/トーレ・スベンベルイ

   詳しい作品情報はこちら
    ⇒allcinema
    ⇒IMDb(英語)



久々のイングリッド・バーグマン作品ですが、こういう役もやっていたのかと感慨深い作品。スウェーデン時代のサスペンス映画です。

金持ちの不倫を嗅ぎつけゆすりを働くグループ。著名な整形外科医の妻を脅すために段取る男たちを、きたない言葉を吐き散らしながら仕切る女ボス。このアンナ・ホルムがバーグマン。

その悪女ぶりだけでもかなりすごいが、おまけに顔の左半分が火傷でケロイド状。アップになるのは1・2回しかありませんが、よく見ると目の下と唇の上がそれぞれ引き攣れており、かなりリアルな特殊メイク。顔の左だけが黄金バットのようになっています(若い人知りませんね、すみません。要は骸骨の醜いやつです)。

肝っ玉の据わった悪女ぶりですが、人の視線を感じると思わず目じりをこするフリをして顔を隠そうとする仕草が出てしまう。このあたりの女心が妙にリアルです。

ハリウッドに渡って『カサブランカ』を撮る4年前、23歳ですから、輝くばかりの美貌を備えている時期にこの役柄。スウェーデンではもう主役級の女優として活躍していたころでしょうに。スターのイメージを何よりも大事にしていた当時のハリウッドではまずありえないことでしょう。

悪人の父親を持ち、火事で顔半分を焼かれて将来の希望をなくし、自分も悪の道に染まったアンナ。整形外科医の妻は金になると踏んで自宅まで乗り込みますが、妻との”商談”中に戻った整形外科医に同情され、手術を受けることになります。こうして、美貌と人間らしい心を取り戻した彼女は、悪党の道から足を洗おうとするのですが・・・・。

という感じで、そこそこのサスペンス作品になっていますが、脚本はもう一息。手術前後のアンナの心理の変化が唐突過ぎて今ひとつ感情移入が出来ませんでした。

悪役トルシュテンのキャラクターもちょっと弱いかなぁ。心を入れ替えて陰謀を阻止しようとするアンナとトルシュテンの駆け引きに今ひとつ緊迫感がでません。

前半の醜いバーグマンが強烈なインパクトなだけに、美しいバーグマンに戻ると共に作品全体から毒気がなくなってしまったのはちょっと残念。

それでもハリウッド以降は絶対見られないバーグマンの姿、一度見ておく価値はあると思います。★★★☆☆


女の顔
女の顔グスタフ・モランデル オーケ・ダールクイスト イエスタ・スティヴェンス

ポニーキャニオン/NECアベニュー 1990-05-21
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



にほんブログ村 映画ブログへよろしくお願いします!

アクセス解析
posted by FROST at 16:49| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | OLD:その他ヨーロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月20日

#0083『戦争と平和(4部作)』セルゲイ・ボンダルチュク監督 1965−67年ソ連

War and Peace.gif   ”Voyna i mir T〜W”


   監督: セルゲイ・ボンダルチュク
   出演: セルゲイ・ボンダルチュク
         リュドミラ・サベリーエワ

   詳しい作品情報はこちら
    ⇒allcinema
    ⇒IMDb(英語)


ネタバレ

「これはすごいな・・・」と 思わず独りごちた。

それほど すばらしい映画体験だった。

ナショナルフィルムセンターの ”ロシア・ソヴィエト映画祭”。 セルゲイ・ボンダルチュク監督の 「戦争と平和」四部作一挙上映。合計7時間5分である。

頭も、心も、目も、腰も、大いにシビれた。

当日、フィルムセンターには余裕を持って1時間前に到着する。平日なので大丈夫だろうと思っていたが、到着してみるとなんと見たこともないほどの長蛇の列。上映待ちの人たちがロビーに収まらず、地下まで延々行列が伸びている。

上映30分前くらいに来た人は、席がなかったようなので1時間の余裕を見ておいて良かった。お客さんは圧倒的にシルバーの方が多い。 あちこちで「昔の映画は・・・・とか「昔の女優は・・・」と言った会話が聞こえてきて、少しおかしくなる。

「7時間ですから、がんばらないとね」などと横のおばあさんと話しながら一緒に並ぶ。ひとしきり待って館内に入場、やや後ろより真ん中あたりの結構いいポジションに席を確保することができた。

作品は、トルストイ原作のあまりにも有名な大河ドラマ。過去にアヴェル・ガンスやキング・ヴィダーが映画化している。 今回は本家本元ソヴィエトが国の威信をかけて製作した大作である。監督のボンダルチュクは、脚本や俳優としても活躍した人で、本作でも主人公ピエールとして4部作全編に出演する。

舞台は19世紀初頭のロシア。

ナポレオン率いるフランスとロシアとの激しい戦争を物語の土台に、主人公ピエールの魂の成長が描かれる。主人公ピエールはトルストイ自身の分身であるらしい。先進的な思想を持っているが、内向的で面白みのない人物である。

ロストフ家の令嬢ナターシャに想いを抱いているが、友人アンドレイと愛し合う彼女の後見役に納まる人の良さ。自分はというと、事の成り行きで悪妻を娶った挙句、男友達との仲を疑って決闘を申し込むものの、土壇場でしり込みしてしまうほど肝が小さい。ナターシャとアンドレイの仲が破局したときも、彼女に対して遠まわしに自分の想いをほのめかすことしかできなかった。

ピエールは、そういう自分の行き方と決別するためにフランス軍とロシア軍が激突するボルジノの戦場をさまよう。そして、フランス軍の侵攻で陥落したモスクワで祖国ロシアのために戦う中で覚醒を遂げる。

ピエールをめぐる人間ドラマがこの映画の魅力であることは間違いない。

が、本作で一番すばらしいのはそのドラマを映し出す映像である。

特に戦争をめぐる映像は息を呑むほどすごい。

”神の視線”を思わせる上空からの俯瞰ショット。ずらりと並ぶ大砲から一斉に発射される砲弾。着弾と共に吹き飛ぶ土砂と白煙。炎に包まれた地面に影を映しながらたなびく黒煙。その仲を疾走する騎馬を真下から見せるショット。

などなどあげるときりがない。しかも、激しい戦闘シーンを撮るカメラは水平に固定されていない。斜めに傾き、上下にゆれる画面に飲み込まれて、自分も戦場にいるような錯覚を覚えるほどのリアリティと迫力がある。

また、それ以外(平和のとき)の映像でも、少女時代のナターシャが豪華な舞踏会場を駆け回るシーンの可憐さ、アンドレイが妻を亡くした悲しみから立ち直るときに樫の木を下から見上げるショットなど、美しく存在感のある映像が次々とスクリーンに映し出される。

最近、DVDなどが普及して映画はいつでもどこでも、何度でも見直すことができるようになってきた。もちろん便利で良いことには違いない。

でも、映画館に出かけて素晴らしい映像で綴られる素晴らしいドラマを、一回限りじっくりと楽しむ。こういうことがやっぱり映画の醍醐味だなぁと、当たり前のことに改めて感動した一日だった。

ちょっと映画館通いをしてしまいそうな予感がする。


いやー、映画ってホントにいいもんだ★★★★★

ヨーロッパ映画づいてきたので、次回もその方向で。

戦争と平和
戦争と平和レフ・トルストイ セルゲイ・ボンダルチュク リュドミラ・サベリーエワ

アイ・ヴィー・シー 2003-07-11
売り上げランキング : 8306
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



にほんブログ村 映画ブログへbanner_02.gif
よろしくお願いします!

アクセス解析
posted by FROST at 01:24| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | OLD:その他ヨーロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。