新ブログ『川越名画座』に引っ越しました。さらに充実した内容で運営していますので、ぜひご訪問ください。

2005年11月19日

#0020『海外特派員』アルフレッド・ヒッチコック監督 1940年アメリカ

foreign_correspondent.jpg
”Foreign Correspondent”

監督: アルフレッド・ヒッチコック Alfred Hitchcock
製作: ウォルター・ウェンジャー Walter Wanger
脚本: チャールズ・ベネット Charles Bennett
    ジョーン・ハリソン Joan Harrison
撮影: ルドルフ・マテ Rudolph Mate
音楽: アルフレッド・ニューマン Alfred Newman
 
出演: ジョエル・マクリー Joel McCrea (ジョン・ジョーンズ)
    ラレイン・デイ Laraine Day  (キャロル・フィッシャー)
    ジョージ・サンダース George Sanders (フェリオット)
    ハーバート・マーシャル Herbert Marshall (スティーブ・フィッシャー)
    アルバート・バッサーマン Albert Basserman (ヴァン・メア)


「世界に残る最後の光を消してはいけません」

1938年、第二次大戦前夜の風雲急を告げるロンドンに派遣されたニューヨークの新聞記者ジョニー・ジョーンズ。開戦か回避かの鍵を握るオランダの老政治家ヴァン・メアにアプローチしますが、アムステルダムの演説会場でヴァン・メアは暗殺されてしまいます。ところが、これは某国(ドイツ?)スパイ団の陰謀で、射殺されたのは替え玉。ヴァン・メアは彼だけが知る国際秘密協定の情報を狙ったスパイ団に拉致されています。ジョーンズの活躍により、一度はスパイ団を追い詰めるものの後一歩のところで取り逃がし、逆にジョーンズはヴァン・メアの生存を知る邪魔者として組織から狙われることになります。ヴァン・メアを支援する平和団体のリーダー、フィッシャーの娘キャロルとロンドンの新聞記者フェリオットとともにヴァン・メア奪還に奔走するジョニーですが、事件の黒幕は意外な人物で・・・。

レベッカに続くヒッチコックの渡米第二弾。レベッカと同じ1940年の作品で、アカデミー6部門にノミネートされました。渡米初年度にこの二作で合計17のアカデミー賞ノミネートですね。

ヒッチコック自身の談によると、この作品の主演二人(ジョエル・マクリーとラレイン・デイ)には満足していなかったようで、アメリカ社会におけるスリラー・サスペンス映画の地位の低さを嘆いています。ゲイリー・クーパーに出演を依頼して「スリラーには出ない」と断られたそうですが、後年ゲイリー・クーパーはヒッチコック作品に出演しなかったことを公開していたと言うことです。

kaigaitokuhain_2.jpg前回のレベッカが静的な心理ドラマであったのに対して、本作はかなりアクション度合いが高いですね。雨の中の暗殺者追跡のシーンでは、傘をさす群集の間に紛れ込んだ犯人とジョニーの追跡をかさの動きだけで見せるヒッチコックらしい工夫が見られます。カーチェイスや飛行機の墜落シーンなどのアクションシーンも、やはりヒッチコックとうなづける独特細工があって愉しむことができます。

アクション映画としてはストーリーもよくできており展開も早いので十分満足できます。この映画単独で観ればかなりレベルの高い作品であることはよくわかります。が、、、ヒッチコック映画として観ると、どうも自分がヒッチコックに期待しているものと違う感じがするんですね。もっと、こう、映像の隙間からにじみ出てくるようなというか、小道具一つ一つとか役者の小さな表情の変化からサスペンスが生まれてきて、それに存分にドキドキさせて欲しい。というような期待をヒッチコックに求めてるんですね。個人的にはですが。この作品では逆に回る風車のシーンくらいしかドキドキできなかったんですよToT
なので、すこーし期待はずれなんです。面白い映画であることは間違いありませんが(何度もいいますけど)。


ということで、評価は星三つ★★★☆☆

Trailer(予告編)はこちらから

さて、では次ですがヒッチコックはまとめて観てみたいと思っているので、次回は1942年の本格スリラー”疑惑の影”に参ります。


海外特派員
海外特派員ジョエル・マクリー アルフレッド・ヒッチコック ラレイン・デイ

紀伊國屋書店 2004-02-21
売り上げランキング : 12,436
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

500円DVDもあります^^

POSTER


banner_02.gifにほんブログ村 映画ブログへ
人気Blogランキングもぜひよろしくお願いします!

アクセス解析
posted by FROST at 20:12| 埼玉 ☀| Comment(2) | TrackBack(2) | OLD:アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TB致しました。
私はFROSTさんと逆で、この作品はすごく評価しています。
エイゼンシュタインやチャップリン的な描写も出てきますし、人物の捉え方などまるでサイレント映画なので、大変面白い。
同じ年に「レベッカ」と「海外特派員」と全く違う処理の映画を作るヒッチコックという才能に今更ながら降参です。
Posted by オカピー at 2006年06月25日 15:27
ヒッチコックシリーズ一周したら、もう一回観ますよ。再評価必至ですね・笑
Posted by FROST at 2006年06月28日 01:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9541590

この記事へのトラックバック

映画評「海外特派員」
Excerpt: ☆☆☆☆☆(10点/10点満点中) 1940年アメリカ映画 監督アルフレッド・ヒッチコック ネタバレあり
Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
Tracked: 2006-06-25 15:19

【映画】海外特派員
Excerpt: 『海外特派員』(1940年・監督:アルフレッド・ヒッチコック) ヒッチコックは1925年の『快楽の園』から遺作となる76年の『ファミリー・プロット』まで、57本の作品を撮っているが、ワ
Weblog: 【@らんだむレビューなう!】 Multi Culture Review Blog
Tracked: 2011-01-07 22:39
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。