新ブログ『川越名画座』に引っ越しました。さらに充実した内容で運営していますので、ぜひご訪問ください。

2005年10月29日

#0011『自転車泥棒』ビットリオ・デ・シーカ監督 1948年イタリア

bicyclethievesFB.jpg

”Ladri di Biciclette”
監督: ヴィットリオ・デ・シーカ Vittorio De Sica
製作: ヴィットリオ・デ・シーカ Vittorio De Sica
原作: ルイジ・バルトリーニ
脚本: チェザーレ・ザヴァッティーニ Cesare Zavattini
     スーゾ・チェッキ・ダミーコ Suso Cecchi d'Amico
撮影: カルロ・モンテュオリ Carlo Montuori
音楽: アレッサンドロ・チコニーニ Alessandro Cicognini
 
出演: ランベルト・マジョラーニ Lamberto Maggiorani
     エンツォ・スタヨーラ Enzo Staiola
     リアネーラ・カレル Lianella Carell
     ジーノ・サルタマレンダ

「・・・どれだけ大切な自転車か・・・・・・・」

敗戦間もないイタリア。主人公のアントニオは二年間も職を探し続けています。職業安定所からようやく紹介された仕事は市役所のポスター貼りで、仕事には自転車が必須。ところが、その自転車は生活のために質屋に入

原因不明ですが、記事本文が消えてしまいましたToT
もう一度観たときに改めて感想をアップしますので
よろしくお願いします。2007年3月31日
posted by FROST at 21:32| 埼玉 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | OLD:イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
懐かしいです。あの親子の姿が悲しくて
胸がしめつけられました。
やっとの思いで手にいれた仕事。
自転車がなくてはできない。
それを盗られてしまう。親子でずっと、探し回る。・・・つらいラストでした。
でも良い作品です。一生心に残ります。
Posted by SESIRA at 2006年09月08日 22:35
>SESIRAさま
ネオ・レアリスモの作品はこれがはじめてだったのですが、ラストが衝撃的でしたねぇ。アメリカ映画に慣れていると、投げ出されてしまったみたいで立つ瀬がないというか。本当に一生心に残る作品です。
Posted by FROST at 2006年09月10日 19:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8735878

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。