新ブログ『川越名画座』に引っ越しました。さらに充実した内容で運営していますので、ぜひご訪問ください。

2005年10月27日

#0009『三十九夜』アルフレッド・ヒッチコック監督 1935年イギリス

39steps.jpg
”The 39 Steps”

監督: アルフレッド・ヒッチコック
原作: ジョン・バカン
脚本: チャールズ・ベネット/アルマ・レヴィル/イアン・ヘイ
撮影: バーナード・ノールズ
音楽: ルイス・レヴィ
 
出演: ロバート・ドーナット
    マデリーン・キャロル
    R.マンハイム
    ペギー・アシュクロフト
    マイルズ・メイルソン

「これでやっと忘れられる・・・やっと」

劇場で知り合った女性に頼まれ、自宅につれてきたカナダ人外交官ハネイ。話を聞いてみると、女性はイギリスのスパイで、ある国家機密をめぐって命を狙われているという。確かに、窓の外には怪しい人影。そして、あろうことか彼女はその夜、背中にナイフをつきたてられて死んでしまいます。疑われたハネイは辛くも自宅を脱出し彼女の代わりにスコットランドに行こうとします。警察とスパイ両方の執拗な追跡はどんどん彼を追い詰めていき・・・。最後の秘密の隠し方は奇抜。

イギリス時代後半の作品ですね。前年に、「暗殺者の家」があります。暗殺者の家は、イギリス時代におけるヒッチコック最高のヒット作となりましたが、その実績により、本作以降は自由にテーマを選べる立場になったということです。本作はヒッチコックが名監督として世に認められた第一作ということですね。その記念すべき第一作に選んだのが、崇拝するジョン・バカンの「39階段」。

ちなみに、主人公のハネイはバカンの原作「39階段」では鉱山技師ですが、この事件を機にイギリス情報部のスパイとなり、その後一流のスパイとして立派に5つの長編の主人公を務めたということです。本作のハネイの艱難辛苦を見ているとさもありなんと納得しますね。

”どこかで見たシーン”が満載ですよ。典型的な卒き込まれ型サスペンス。逃亡につぐ逃亡、危機一髪の脱出、手錠につながれた主人公とヒロイン、逃亡の中で徐々に形成逆転し犯人を追い詰めていくスリル。ヒッチコック自身が「北北西に進路を取れ」の下敷きに用いたばかりでなく、最近でも同様の趣向をいろいろな映画・ドラマで見かけます。そういう意味では、現在のサスペンスドラマ(映画も含めて)の源流となった映画であるといえますね。

また、ドラマの密度が濃いのが特徴です。枝葉(経緯や背景説明)をばっさり省いて、サスペンスフルな場面のみを次々と見せていくという感じで、ワンシーンも見逃すことができません。ヒッチコック自身が「(もっとも)らしさなんて追求しても時間の無駄だ」と言い切っていますが、このあたりがヌーヴェル・ヴァーグに大きな影響を与えたコアの部分なんですね、きっと。

個人的にはほんのちょっとだけ息継ぎのできるシーンも混ぜてくれてもいいかなと感じたのは事実ですが、どこまで逃げても現れる追っ手の影と次々繰り広げられるイベントにぐぐっと引き込まれていく感覚はさすがヒッチコックです。後に続くヒッチコック・スタイルはこの映画ですでに力強く形になっております。

評価は星4つ★★★★☆

banner_02.gifにほんブログ村 映画ブログへ
人気Blogランキングもぜひよろしくお願いします!

アクセス解析
posted by FROST at 04:24| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(6) | OLD:イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 TBさせて戴きました。
 「三十九夜」は純度が高く、素晴らしいです。マクガフィンを駆使したもので、彼が危機に陥る理由なんてどうでも良いわけですね。ミスター・メモリーのジレンマにはうなりましたけど。
 ヒッチコックは主題から映画作りに入りますが、「観客が感動するのは主題ではない。映画そのものだ」とトリュフォーに述べていますね。ヒッチコックの考え方は映画を作る、或いは観る基本だと思います。
Posted by オカピー at 2005年11月14日 02:35
オカピーさん、コメント&TBありがとうございました。HPも拝見しましたが、スッパリと核心を突くレビューがすばらしいです。
>「観客が感動するのは主題ではない。映画その>ものだ」byヒッチコック
その”映画そのもの”がなんなのか自分のぜひ確かめたいと思っています。今後しばらくヒッチコックの記事をアップするつもりですので、今後もぜひよろしくお願いいたします^^
Posted by FROST at 2005年11月14日 14:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8641218

この記事へのトラックバック

三十九夜
Excerpt: 映画レビューはひとそれぞれ。みなさんどう感じられましたか?
Weblog: roninの気になること
Tracked: 2005-11-05 15:38

「三十九夜」
Excerpt: 「三十九夜」(The 39 Steps) 1935年イギリス 監督 アルフレッド・ヒッチコック 出演 ロバート・ドーナット    マデリーン・キャロル あらすじ  外交官ハネイは、..
Weblog: 私が観た映画
Tracked: 2005-11-13 14:51

映画評「三十九夜」
Excerpt: ☆☆☆☆☆(10点/10点満点中) 1935年イギリス映画 監督アルフレッド・ヒッチコック ネタバレあり
Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
Tracked: 2005-11-14 02:24

「三十九夜」密と疎のコントラスト
Excerpt:  「三十九夜」について。  主人公ハネイ(ロバート・ドーナット)が最初に同定できるのは、どのようにしてだろうか?  劇場に足を運ぶ、文字通り足のクロースアップから、劇場のすでに人々で埋まってい..
Weblog: 撮影監督の映画批評(たまに写真や撮影のTIPSも)
Tracked: 2006-08-01 20:58

the39Steps(三十九夜)
Excerpt: 僕の敬愛する映画監督の一人アルフレッド・ヒッチコック。(「めまい」「サイコ」「北北西に進路を取れ」「見知らぬ乗客」)これは彼がハリウッドに来る前にイギリスで作った映画です。ロンドンの劇場でハネイはある..
Weblog: シネマうさぎ
Tracked: 2006-08-22 05:29

三十九夜
Excerpt: 三十九夜 ++story++ 劇場で出会った見知らぬ女性を家に泊めることとなったハネイ(ロバート・ドーナット)は窓を避けようとする女の不思議な行動を目にする。 ++++++ ヒッチ..
Weblog: cino
Tracked: 2006-11-01 19:37
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。