新ブログ『川越名画座』に引っ越しました。さらに充実した内容で運営していますので、ぜひご訪問ください。

2007年03月10日

#152『復讐は俺に任せろ』フリッツ・ラング監督 1953年アメリカ

big heat.jpg
”THE BIG HEAT”

監督:フリッツ・ラング
製作:ロバート・アーサー
原作:ウィリアム・マッギヴァーン
脚本:シドニー・ボーム
撮影:チャールズ・ラング
音楽:ミッシャ・バカライニコフ
出演:グレン・フォード/リー・マーヴィン
   グロリア・グレアム/ジョスリン・ブランド
   キャロリン・ジョーンズ /ジャネット・ノーラン

詳しい作品情報はこちら
    ⇒復讐は俺に任せろ(1953) - goo 映画
    ⇒IMDb(英語)


フリッツ・ラング監督による1953年のフィルム・ノワール作品。明るく優しい妻とかわいい娘を持つ正義漢バニオン刑事(グレン・フォード)は、同僚刑事の自殺事件の真相を追い、大物ギャングラガーナを追うが、ラガーナに先手を打たれて。。。。

グレン・フォードとグロリア・グレアムのコンビは、『仕組まれた罠』に続いて2度目。どの作品でも演技にあまり変化のないフォードに比べて、今回のグロリア・グレアムはちょっと尻軽女風の前半の風情が良いですねぇ。『仕組まれた罠』では業の深い暗い女、ハンフリー・ボガートと競演した『孤独な場所で』では、聡明で機転の利く女、と色々な魅力を見せてくれます。お気に入りの女優さんです。ただ、この作品ではあまりグッとくるシーンはなく、鼻歌歌いながらステップ踏む場面くらいでしょうか。

後半の、怒りをみなぎらせてがむしゃらに敵を追うバニオンは、今まで見た中で一番グレン・フォードの魅力が出ているかなとは思いました。が、この作品、正義は正義、悪は悪、それぞれの範疇できちんと役割をこなしているあたり、フィルム・ノワールというよりも刑事ドラマといった感じか。

主人公バニオン一家の描写が、”これぞアメリカ人の幸せな家庭”と言う感じであまりノワールチックではないのですが、その幸福を無くしたバニオンが、結局最後まで刑事としての倫理の範疇で行動するあたり、フィルム・ノワール特有のアブノーマル感が匂ってきません。

グロリア・グレアムの役どころはラガーナの凶悪な用心棒ヴィンス(リー・マーヴィン)の情婦デヴィー。バニオンにちょっとなびいたために、ヴィンスに熱湯を浴びせられ、顔の左半分に大きな絆創膏を貼った状態で登場します。クライマックスには焼け爛れた顔を見せますが、当時の映画事情からすると結構思い切った演出だったのではないでしょうかね。グロリア・グレアムはアカデミー女優ですし。

全体的には、可もなく不可もなくという感じでグレン・フォードファンにとってはなかなかの作品かもしれません。

ところで、バニオンとヴィンスが顔を会わせるバーで流れている曲は、どこかで聞いたことがあると思えば、『ギルダ』に使われていた曲でした。★★★☆☆
にほんブログ村 映画ブログへよろしくお願いします!

COLUMBIA TRISTAR FILM NOIR COLLECTION VOL.2
COLUMBIA TRISTAR FILM NOIR COLLECTION VOL.2リタ・ヘイワース オーソン・ウェルズ チャールズ・ヴィダー

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2004-02-25
売り上げランキング : 55715

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


アクセス解析

posted by FROST at 14:10| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | OLD:アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お、『復讐は俺に任せろ』がきましたね。この映画は題名が好きなんです。
グロリア・グレアム嬢は、この映画の役のようなちょっと浮気っぽい役のほうが多いですね。『孤独な場所で』は特例でしょう。
アカデミー賞を取った『悪人と美女』も、そんな感じの役でしたね。(しかし出番が恐ろしく少ない…。それなのに賞を取るってある意味凄いっすね)
この映画は、リー・マーヴィンが若くって何故かこっちのほうが赤面してしまう…という作品でもあります。
グレン・フォードは、コロムビアのスターとして、役柄であまり冒険できなかったんでしょうね。ラガーナ一味との対決はもっと暴力的でも良かったような気がしましたね。
ちなみに、リー・マーヴィンがクロリア・グレアムの顔にかけるのは、沸騰したコーヒーでした。
Posted by オショーネシー at 2007年03月10日 21:24
オショさん、こんばんは。そ、コーヒーですよね。ちょっと手を抜いてしまいました^^;
グロリア・グレアはこれで三本目ですけど、前半にいろいろなバリエーションがあるものの、後半は大体共通して幸薄い結末を迎えますね。
フィルム・ノワールを意識して観ていると、真っ当すぎてあまり面白みの無い作品ですが、復讐モノとしてはそこそこと言う感じでしょうか。
Posted by FROST at 2007年03月10日 23:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35573656

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。