新ブログ『川越名画座』に引っ越しました。さらに充実した内容で運営していますので、ぜひご訪問ください。

2007年01月14日

深夜の告白 1944年/アメリカ【DVD#144】

double.indemnity.jpg
”DOUBLE INDEMNITY”

監督:ビリー・ワイルダー
製作総指揮:バディ・G・デシルヴァ
原作:ジェームズ・M・ケイン
脚本:ビリー・ワイルダー/レイモンド・チャンドラー
撮影:ジョン・サイツ
音楽:ミクロス・ローザ
出演:フレッド・マクマレイ
   バーバラ・スタンウィック
   エドワード・G・ロビンソン
   ポーター・ホール
   ジーン・ヘザー
   トム・パワーズ

詳しい作品情報はこちら
    ⇒深夜の告白(1944) - goo 映画
    ⇒深夜の告白@映画生活
    ⇒IMDb(英語)


ネタバレですよ

ようやく今年第一号のレビューをアップすることが出来ました。何はともあれ今年もよろしくお願いいたします。

さて、スタートはフィルム・ノワールの名作『深夜の告白』。ビリー・ワイルダーはやっぱりすごかった。今までに見た『サンセット大通り』『失われた週末』を上回る凄みのある作品でした。昨年最後の『アスファルト・ジャングル』のレビューでも書きましたが、この作品も最初の一瞬から釘付け。白いバックに松葉杖をついた男のシルエット。男が杖をつきながらこちらに歩いてくる映像にのせてオープニングクレジット・・・ゾクっときました。

深夜のオフィスで瀕死の重症を負いながら主人公ネフ(フレッド・マクマレイ)が真相を告白する、回想形式のストーリー展開。見事なファム・ファタールぶりを見せるバーバラ・スタンウィックの魅力。緻密な犯行が成功したかと見えたところから一転してたどる破滅のプロセス。そして、何よりフレッド・マクマレイとスタンウィックに名優エドワード・G・ロビンソンが絡んだ3人をめぐって途切れることのないサスペンス。これが、フィルム・ノワールの真骨頂かと目を見張る一本でした。

中でも記憶に残るのは、保険犯罪を絶対に見逃さない凄腕調査員キーズ(ロビンソン)がはじめて疑いを持つシーン。

フィリスの誘いに乗ってフィリスの夫を殺したネフは、切れ者キーズの疑いをかわせたと思い有頂天でアパートに戻ると、彼女からの電話で会いたいと言ってきます。危険を承知でネフは彼女をアパートに招じます。しかし、電話を切った直後にドアベルが鳴る。不安がよぎり一瞬ドアを見つめるネフ。現れたのはあろうことかキーズその人。ネフはやっとの思い出いつもの通り「ハロー、キーズ」と声をかけます。キーズは事故について誰も気づかないほどわずかな矛盾を嗅ぎつけてフィリスを疑い始めており、それをネフに話にきたのです。フィリスと鉢合わせになればそれですべて一巻の終わり。ネフのことは全く疑わず不可解な点を話すキーズ。そこにやってきたフィリスはかろうじてドアの外で二人の話し声を聞きつけ様子を伺います。帰ろうとするキーズ。ドアを開ける。とっさにフィリスはドアの後ろに身を隠す。廊下を歩み去るキーズ。ドアを背に見送るネフ。ドアの後ろに立つフィリスがそっとドアノブを引く。彼女に気づくネフ。その時、キーズは振り返る。必ずフィリスを白状させてやると宣言する。いつものように葉巻をくわえマッチを探しながら二人の方に戻ってくるキーズ。ネフはキーズの葉巻に火をつけてやり、キーズは帰っていきます。

気がつくときちんと座りなおして観てました。肩にパンパンに力が入っていて、思わず「ほぉぉぉ〜」っと声が漏れましたね。文章が巧くないんでこれを読んでもらっても1%も伝わらないと思いますが(いや、どんなにうまく書いても文字では伝わらないに違いない)。

ロビンソン演じるキーズがね、いいんですよ。ネフとキーズが会う時はかならず”Hello、Keyes”からはじまって、いつも火を持っていないキーズにネフがマッチで火をつけてやって終わる。実はそれは伏線になっていて、ラストシーンでは逆にキーズがネフに火をつけてやるんです。その行為と最後の二人の会話からキーズの心情が痛いほど伝わってくるんですね。キーズは最後の最後までネフを信じていた。

この作品を観る前はバーバラ・スタンウィックに注目していたのですが、すっかりエドワード・G・ロビンソンに魅せられてしまいました。ロビンソンはオーソン・ウェルズの『ストレンジャー』でもナチスの残党を追い詰める役をやっていましたが、こういう人を追う役で特に凄みをきかせますね。あの目と表情のせいかな。

スタンウィックも良かったんですよ。いや、十分にすばらしかった。全体に表情を押さえた演技でしたが、それが逆にフィリスの悪女ぶりをよく語っていましたねぇ。最後に見せる涙も引き立ちました。

2007年も素晴らしい映画でスタートすることが出来ましたね。ますますフィルム・ノワールの魅力に惹かれてきましたのでもうしばらくこの路線でいこうと思います。

★★★★★にほんブログ村 映画ブログへよろしくお願いします!

深夜の告白
深夜の告白トム・パワーズ/ジーン・ヘザー/フレッド・マクマレイ/バーバラ・スタンウィック/エドワード・G・ロビンソン ビリー・ワイルダー

ファーストトレーディング 2006-12-14
売り上げランキング : 10684

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


アクセス解析
posted by FROST at 01:03| 埼玉 ☁| Comment(9) | TrackBack(4) | OLD:アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
キーズがネフのアパートを訪ねるシーンですが、ドアが廊下に向かって「外開き」だったのがとても違和感を感じます。こんなの、欧米では絶対ありえませんよね。
Posted by まいじょ at 2007年01月14日 02:43
まいじょさん、今年もよろしくお願いします^^
ほぉ、そうですか。そういえば、ドアをはさんだサスペンスでは、『必死の逃亡者』のシーンがありましたけど、確かに内開きでしたね。やっぱり、暴漢が侵入しようとした時に体全体で防げるように内開きになってるんでしょうね。納得。
うちのマンションは外開きだ・・・いかんなぁ。
Posted by FROST at 2007年01月14日 10:58
ウディ・アレンが“最高の映画”と言っている様に素晴らしい映画でしたね。私はバーバラ・スタンウィックの悪女ぶりにノックアウトされてしまいました。
エドワード・G・ロビンソンも良かったですね。何もかもお見通しという保険捜査員。「俺の中の小鬼が教えてくれる。」という台詞はお見事の一言。ワイルダー監督とレイモンド・チャンドラー、どっちが描いたのか気になるところです。
Posted by オショーネシー at 2007年01月14日 14:03
アパートのドアが廊下側に向かって「外開き」だった…。
『ワイルダーならどうする?』という本では、ワイルダー自身が、「確かにあれは間違いだけど、直したくはなかった。撮りあげてしまっていたし、あれで上手くいっていた。」との説明をしていますね。
Posted by オショーネシー at 2007年01月14日 22:14
オショさん、どうも。いや、スタンウィックは素晴らしかったと思いますよ。ただ、事前にこの作品のスタンウィックを絶賛する話をいろんな本や記事でも目にしていたので(実際、深夜の告白と言えば彼女へのコメントがほとんどだし)、ノーマークだったロビンソンの名演技に驚いたと言う感じです。
ドアの件は、確信犯と言うところですね・笑。私も個人的にこのシーンが痛く気に入っており違和感はありませんでした。ワイルダーの言は正しいと思いますね。
Posted by FROST at 2007年01月15日 00:32
急遽UPしたので、TBしてみましたが、あれっ? 承認制でしたっけ?
例によってサボって見直さずに古いメモから起こしました。余り参考になりませんが、お寄りください。

サスペンスは正に重量級。陰鬱なムードは超弩級。バーバラ・スタンウィックの悪女ぶりは圧巻。
80年代初めに「白いドレスの女」が公開された時本作のバーバラを思い出したベテランが多いと思いましたよ。
いえいえ私は思い出しませんでしたよ。そんな年ではあ〜りません(笑)。
Posted by オカピー at 2007年01月21日 18:44
オカピーさん、TBいただいてますよ〜。
最近すっかりフィルム・ノワールファンですが、この陰鬱感はたまりませんね。ビリー・ワイルダーはこういう作品も撮れるし喜劇も撮れる、つくづく素晴らしい監督だと感心します。
Posted by FROST at 2007年01月24日 02:46
はじめまして
トム(Tom5k)と申します。
オカピーさののブログの愛読者のものです。FROSTさんのお名前は、よくお見かけしていましたが、こちらにお邪魔することはあまりありませんでした。が、わたしの好きそうな映画のレビューがいっぱい。
私のブログはアラン・ドロン作品ばかりですが、『深夜の告白』のことも取り上げているのでTBさせていただきました。

リンクに加えさせていただいてよろしいでしょうか?
Posted by トム(Tom5k) at 2007年02月24日 20:36
トム様
はじめまして、コメント&TBありがとうございます。私もオカピーさんのブログやジューベさんのブログでお名前お見かけしてました。素晴らしい記事を書かれますよね。うちのブログなんざ、一本映画見ては感想文書いてるようなものですが、よろしければリンクしてやってください^^。もちろん私の方からもリンクさせていただきます。よろしくお願いします。
Posted by FROST at 2007年02月25日 01:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31354910

この記事へのトラックバック

深夜の告白
Excerpt: 1944年 アメリカ 監督 ビリー・ワイルダー 出演 バーバラ・       
Weblog: ブリジット・オショーネシーの日記 ??
Tracked: 2007-01-14 01:35

深夜の告白
Excerpt:  誇張した物言いはめったにしないウディ・アレンが、「深夜の告白」を評して「史上最高の映画だ」 といったとか・・・  この映画では、ナレーションが効果的に使われています。フレッド・マクマレイ演ず..
Weblog: お楽しみはこれから!
Tracked: 2007-01-14 11:48

映画評「深夜の告白」
Excerpt: ☆☆☆☆☆(10点/10点満点中) 1944年アメリカ映画 監督ビリー・ワイルダー ネタバレあり
Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
Tracked: 2007-01-21 18:36

『ブーメランのように』A〜フィルム・ノワール作品で描かれる父性〜
Excerpt:  『ブーメランのように』のもう一つの「典型的」であると思われるテーマは「父性」を描いていることでしょう。  フィルム・ノワール作品には、その父性の悲哀を描いた多くの傑作が生み出されているように思いま..
Weblog: 時代の情景
Tracked: 2007-02-24 20:31
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。