新ブログ『川越名画座』に引っ越しました。さらに充実した内容で運営していますので、ぜひご訪問ください。

2006年12月17日

1940・50年代アメリカン・クラシックの世界

オールド・ムービーの一つの中核をなすのが1940年代に頂点を極めたハリウッドの作品。50年代になるとその繁栄は一夜の夢のように凋落の一途をたどります。

「ハリウッドはエジプトみたいなものだ。
どこを見ても崩れかけたピラミッドらだけ。決してよみがえりはしない。
やがて一陣の風が、撮影所の小道具を砂地のかなたに吹き飛ばしてしまうまで、
崩壊を続けるのだ」

(デイヴィッド・O・セルズニック)


しかし、個々の作品を観ると50年代のハリウッド作品は40年代のものに劣らない傑作が数多くあるような気がします。ここしばらくで何作かアップしていますが、フィルム・ノワールを中心にそういう40・50年代のハリウッド作品を特集してみたいと思います。
posted by FROST at 03:22| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。