新ブログ『川越名画座』に引っ越しました。さらに充実した内容で運営していますので、ぜひご訪問ください。

2006年12月10日

失われた週末 1945年/アメリカ【DVD#139】

LOST WEEKEND.jpg
”THE LOST WEEKEND”

監督:ビリー・ワイルダー
製作:チャールズ・ブラケット
原作:チャールズ・ジャクソン
脚本:チャールズ・ブラケット/ビリー・ワイルダー
撮影:ジョン・サイツ
特殊効果:ゴードン・ジェニングス
音楽:ミクロス・ローザ
 
出演:レイ・ミランド
   ジェーン・ワイマン
   フィリップ・テリー
   ドリス・ダウリング
   ハワード・ダ・シルヴァ
   フランク・フェイレン

詳しい作品情報はこちら
    ⇒allcinema
    ⇒IMDb(英語)


2〜3日前に観終わっていて、ずっと記事内容を考えているのですが、なかなか書けないのですよ。面白くなかったわけではありません。その逆。この作品は最高に面白いですよ。

このブログで取り上げたビリー・ワイルダーの作品は5本目で、サスペンス系の『情婦』『サンセット大通り』の方が、コメディ系のものよりも気に入りました。この作品も、犯罪ものではありませんがサスペンス系に入れてよいと思います。

ストーリーは、アルコール中毒のドン・バーナム(レイ・ミランド)の物語。彼の面倒を見る兄の計らいで週末を酒から離れて過ごすために田舎の実家に行くことになる。ところがどうしても酒を断つことができないドンは兄と恋人ヘレン(ジェーン・ワイマン)を騙し、酒を求めて町に出て行ってしまう。

なぜそれだけ面白いのに感想を書く筆が進まないのかというと、レイ・ミランドの演技のみに関心が集中してしまったから。ビリー・ワイルダーのこれまで見た作品は、シナリオの面白さが良かったのだが、今回は1にも2にもレイ・ミランドの演技力。

アル中の実態というのも初めて見ましたが麻薬中毒と同じですね。酷いというか惨いというか。私は酒はなくても全然平気な方で、いざ飲むときはかなり飲むけれども二日酔いにもなりません。ということなのでアルコール中毒というのは身近な話ではないのです。しかし、それでもアル中の悲惨さは身に迫る迫力がありますね。それを演じるレイ・ミランドの演技力ですよ。

酒が欲しくてしょうがないときのあの表情や、酒が飲めるときのあの表情。大体目つきが普通じゃない。飲みたくて飲みたくて飲みたくて飲みたくて、いつか作家として立ち直ることが出来るはずだと、そう信じる心の支えのはずのタイプライターを質屋に入れてでも酒が飲みたくて、でも質屋が開いてなくて、行きつけのバーでツケも断られて、「なら、一杯だけおごってくれ・・・頼む」とバーテンに哀願するときのレイ・ミランドの演技ね。

自分で天井の電気のかさに隠したボトルを忘れてしまって、気が狂ったように部屋中探し回るドン、あっちも探してこっちも探して、見つからずに絶望の表情でベッドに倒れこんで、天井に写ったボトルの影を見つけた時のレイ・ミランドの演技ですよ。

当然シナリオも抜群、映像的にも面白いところが多々ありましたが、今回はレイ・ミランドの壮絶なアル中演技、それ一本で★5つ。

★★★★★

失われた週末
失われた週末ビリー・ワイルダー レイ・ミランド ジェーン・ワイマン

ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン 2006-01-27
売り上げランキング : 51126

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 映画ブログへよろしくお願いします!

アクセス解析
posted by FROST at 01:20| 埼玉 ☁| Comment(9) | TrackBack(2) | OLD:アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おお、模様替えですね。いきなり黒くなってたからちょっとビックリしました。
『失われた週末』良いですね。FROSTさんの言うとおりレイ・ミランドの演技が最高に良かった。
この作品に出会うまで、彼には“大根役者”のレッテルが貼られていましたが、見事アカデミー主演男優賞獲得ですもんね。
以来、アル中や身体障害・心身障害の役を演じるとオスカーが貰えるというセオリーまで生み出した、レイ・ミランドの熱演でありました。
Posted by オショーネシー at 2006年12月10日 18:04
FROSTさんと違って、私はかなりアルコール依存症ですから、主人公の気持ちが痛いほど分かります(笑)
カラーやデザインが変わったので驚きました。モノクロのオールド・ムービーがよく似合いますね。
Posted by まいじょ at 2006年12月10日 18:14
>オショさん、こんばんは。
ちょっと白黒映画に徹しようかと思いまして<半分うそ。
レイ・ミランド、大根って言われてたんですか。この作品では役に”魂”が入ってましたよね。彼の右目のクローズアップもありましたけど、微妙に目の焦点がずれてるような感じでこれが怖かった。地なのかも知れませんが、入魂すればあそこまで出来るとすればすごいことですな。

>まいじょさん、こんばんは。
酒好きですか。気をつけてくださいね〜笑。
デザイン、そうなんですよ、黒ベースにしてみたらポスターよりスチルの方が似合いそうなので、しばらくそれで行ってみようと思ってます。
Posted by FROST at 2006年12月10日 23:15
 FROSTさん・・・今晩は。
うーーーん。「失われた週末」(45)・・・初見以来・・・ルビッチ監督の傑作でありながら再見はしていない・・・するつもりも無い。この辺にFROSTさんが記述に迷いがあったのでは・・・?。所詮、アルコール依存症の話である。映画少年はお酒は好きですが・・・泥酔した験しがない。酔っ払いは嫌いだし・・・お酒は楽しく飲むものと心得ているから・・・。
しかし、あちらの男優でも女優でもお酒やドラッグの依存症が多いと思いませんか・・・。
繁栄と退廃・・・は表裏なんでしょうかね。離婚結婚も平気で繰り返している・・・我国も大した変わりはないけど・・・何かが足りないんでしょうね連中には・・・。
レイ・ミランドの演技について・・・大根役者が監督の演技指導によってあんなにも変わるものでしょうか。元々下地があったのではと思いたい・・・この作品の迫真の演技は異常なほど凄かったですよ、今までの汚名を吹き飛ばさんばかりの意地で演じたようにも思えたのです・・・監督にも役にも恵まれず又、二枚目である故に周りの嫉妬もあったのでしょう・・・。
彼には数本の監督作品もある。彼の監督出演で撮った西部劇「白昼の対決」(55)がある。この作品には相手役に、あのメアリイ・マーフイ嬢を起用しています・・・やはり彼にも彼女の美しさが目にとまったのでしょう・・・存在感のある保安官の娘を好演していた・・・。
 白黒反転に一言・・・映画少年には見辛いのですが・・・。(笑)
Posted by グリーンベイ at 2006年12月11日 01:02
新しいテンプレートについてですが、グリーンベイさんも指摘されているとおり、見づらいところがありますね。「500円DVDリスト」のように、グレー地に黒文字では、環境によってはほとんど読めないと思います。
Posted by まいじょ at 2006年12月11日 09:44
グリーンベイさん、コメントありがとうございます。白にしてみましたがいかがでしょう・笑
泥酔はダメですね。全くグリーンベイさんに賛成!酒に飲まれている人は見たくない。
まあ、現実にはそうですがこの作品のアル中の話は私には非常に興味深くて面白かったです。ネガティブなテーマをこれだけど真ん中でしつこいほど撮った映画も珍しいんじゃないかなと貴重に思う次第です。
レイ・ミランドについてはオショさんも大根だったとおっしゃってましたが、ドン・バーナム役にはなんか執念のようなものが感じられますね。その辺の背景を是非知りたいものです。(テンプレートまた近々変えます)
Posted by FROST at 2006年12月12日 01:01
まいじょさん、ご指摘ありがとうございました。グレーに黒字はあんまりですよね。と思ったらIEだけの症状でした。スタイルシートとかは詳しくないので、とりあえず緊急避難で白にしておきました。
Posted by FROST at 2006年12月12日 01:03
お酒の怖さを痛感しました。と言っても酒が悪いという訳ではないのですが。溺れてコントロールできなくなるのは人間です。意志の弱い・・・
麻薬中毒になる怖さを描いた映画もありましたね。
子供の頃に見たので題名を忘れてしまったのですが・・・。とにかく凄く怖かったです。私は意志が弱いから絶対やめられなくなるに違いない。だから
手を出すのは止めようと幼心に誓ったものでした。
でもお酒はそのような心配をしなくても、体質に合わずあまり飲めないという、いいのか悪いのか解らない
状態になりました。
Posted by sesiria at 2006年12月12日 18:29
sesiriaさん、こんばんは。
>でもお酒はそのような心配をしなくても、体質に合わずあまり飲めないという、いいのか悪いのか解らない
状態になりました。
笑わせていただきました^^。実は私も両親ともに一滴も飲めずで、自分も飲めなかったのですが、大学の体育会でしこたま飲まされ、体育会系の会社に入ってさらに鍛えられて飲めるようになってしまいました。でも、体質には合わないようで年をとるにつれて必要なくなってきましたね。まあ、上品にたしなむ程度で十分楽しめるというのは良いことなのでしょう・笑
Posted by FROST at 2006年12月13日 01:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

失われた週末
Excerpt:  主演のレイ・ミランドがアルコール依存症の男を演じてアカデミー賞を獲得しました。(ほかに、作品賞、監督賞、脚本賞も)  冒頭のワンカットがすごいです。カメラはニューヨークの街をパンしなが..
Weblog: お楽しみはこれから!
Tracked: 2006-12-10 18:14

真・映画日記(4)『失われた週末』
Excerpt: (3から) 夕方になる。 「笑点」を見たり、 夕食、風呂、 「M-1」の決勝戦を見たりして休む。 「M-1」で優勝したスチュワートはたしかに面白かった。 ぶっちぎりの優勝だった。 こ..
Weblog: CHEAP THRILL
Tracked: 2007-01-07 09:55
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。