新ブログ『川越名画座』に引っ越しました。さらに充実した内容で運営していますので、ぜひご訪問ください。

2006年10月19日

時計じかけのオレンジ 1971年/イギリス【DVD#127】

Clockwork Orange.jpg
”A CLOCKWORK ORANGE”

監督:スタンリー・キューブリック
製作:スタンリー・キューブリック
原作:アンソニー・バージェス
脚本:スタンリー・キューブリック
撮影:ジョン・オルコット
音楽:ウォルター・カーロス
出演:マルコム・マクダウェル
   パトリック・マギー
   エイドリアン・コリ
   オーブリー・スミス
   マイケル・ベイツ
   スティーヴン・バーコフ

詳しい作品情報はこちら
    ⇒allcinema
    ⇒IMDb(英語)


これも、よく見た作品。前回記事から”雨に唄えば”つながりで再鑑賞しました。

はじめて見た頃はずいぶん昔の平和な時代だったので過激な暴力描写に驚きましたが、最近ではこういうことも珍しくもなくなってしまいましたね。

主人公アレックス(マルコム・マクドウェル)をリーダーとする不良少年グループが仲間割れし、メンバーの裏切りにあったアレックスは過失致死で14年の刑に処されます。模範囚として早期出所を目指すアレックスは、犯罪者を更生させる”ルドヴィコ治療法”の実験に協力し2週間で出所しますが、犯罪者を精神的に矯正する非人間的な治療が問題となり。。。。

過激な暴力描写やルドヴィコ治療の洗脳シーンなどショッキングな場面が多く見られますが、この作品の殺伐とした雰囲気の根本原因は、登場人物の誰にも人を思いやる心がないということに尽きます。一人残らず徹底的に利己的な行動をとるということではこれほど首尾一貫した作品もありません。

浮浪者や行きずりの一般市民に暴力の限りを尽くす若者たちはもちろんですが、その仲間内でさえ信頼関係はなく、メンバーは常にアレックスの首を狙っています。

暴走する若者たちと対峙する体制側も「殴られたら殴り返すだろ。国家だって同じことだ。」と言い放ちます。政府高官は新任大臣の更生治療政策をやり方が甘いと批判していますが、大臣とて若い犯罪者の社会復帰などさらさら考えていません。犯罪率の低下とパンク寸前の刑務所問題だけが関心事項であって、それも公的使命感ではなく、重要なのは自分の手柄。したがって、アレックスの存在が不利になるとさっさと自己保身に走り、アレックスを元に戻してしまいます。

刑務所の神父だけは、「ルドヴィコ治療は自ら何の選択もできない壊れた精神の人間を作り出すだけだ」と主張します。しかし、こんな主張に賛同する人間は誰もおらす、神父の言葉はむなしく宙に消えてしまいます。

アレックスは、ルドヴィコ治療によって、暴力やレイプという衝動が起きると激しい嘔吐感に襲われるようになってしまいます。この物語に登場する唯一の善人が非人道的に作り出された被洗脳者だというブラックさは強烈。アレックスを「理想的なクリスチャン」だという大臣の言葉に、キューブリックの毒気紛々たる皮肉を感じますね。

大臣とアレックスがにこやかに握手し写真に納まる場面などを見ていると、表はきれいでも中身は得体の知れない仕掛けがきりきりと蠢いている、『時計じかけのオレンジ』とは良く名づけたものだと感心することしきり。オレンジが時計じかけでも全く意味のないところがまた結構でした。★★★★☆

時計じかけのオレンジ
時計じかけのオレンジアンソニー・バージェス スタンリー・キューブリック マルコム・マクドウェル

ワーナー・ホーム・ビデオ 2005-11-18
売り上げランキング : 19485
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 映画ブログへよろしくお願いします!

時計じかけのオレンジ@映画生活
時計じかけのオレンジ(1971) - goo 映画


アクセス解析
posted by FROST at 10:57| 埼玉 ☁| Comment(14) | TrackBack(6) | OLD:イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本作の強烈な皮肉とブラック・ユーモアは、『博士の異常な愛情』と双璧だと思います。

ジーン・ケリーのファンがこれを観て当時どう思ったのか気になるところですが、そもそも観客層が違いますか。
でも、FROSTさんはどちらもお好きなんですよね。素晴らしい映画ファン!

トラックバックさせてもらいます。
Posted by Yama at 2006年10月19日 12:45
私、この映画を思春期の頃に観まして、うげっ!!と思いましたね。あまりに過激・暴力的。とにかく気持ち悪かった。ストーリーなどには思いをはせる余裕もありませんでした。
今観たら、どんな感想なのかなぁ…と考えますが、たぶんもう2度と観ない映画の1本になるかと思います…。
Posted by オショーネシー at 2006年10月19日 20:23
>Yamaさん、こんにちは。
雨に唄えば、私は全く気にならなかったですね。曲の二拍入るところでちゃんと蹴り二発入れてたり、かなり喜んで見ました・笑。こちらからもTBさせていただきます。

>オショさん、こんにちは。
オショさんの嫌いなものばかりアップしてるみたいですね・大笑。消して悪意があるわけではありませんが(そりゃそうだ)。
結構面白いですよ、この作品。私も高校のころに始めてみたときは暴力シーンしか記憶に残りませんでしたけど。二度と見ないなんて寂しいことをおっしゃらず、ぜひもう一度!
Posted by FROST at 2006年10月21日 14:37
FROSTさん、お久しぶりです。
わたしはこの作品、実は大好きです。
人間の汚いところをきれいに見せているところとまったく古びた感じがしないところとか。
女性の方がこの作品、好きなような気がします。
Posted by かよちーの at 2006年10月22日 00:52
はい、かよちーのさん久しぶりですね^^ホント、今見ても古い感じがしません。キューブリックでは『シャイニング』の次に好きです。
Posted by FROST at 2006年10月22日 20:33
あ、FROSTさん、わたしは両方ともDVD持ってます。
シャイニングは2番目に好きです。
Posted by かよちーの at 2006年10月23日 12:36
ハラショー!!面白かったですねえ。
これを見た当時は自分も若かったし、世の中も平和だったので、全くかけ離れた架空の物語として気楽に観られました。
でも今はちょっと観るのが怖いかも。
仰るようにこの映画も真っ青な事件が近頃現実に起こるようになって絵空事として
観られなくなってしまったのです。(私だけでしょうが)
でも映画としては面白かった印象が残ってます。衣装やセットのデザインとかSFチックな造詣が素敵でした。
(20年位前に見たきりなのですが)
Posted by sesiria at 2006年10月23日 18:14
>かよちーのさん
ありゃ、逆ですねぇ・笑。うちにも両方ともDVDありますよ。ストック見てみたら『2001年〜』『博士の〜』『アイズ〜』と計5枚もキューブリックがあってちょっと驚き。ぜひ、感想のせねばいかんですね。

>sesiriaさん、こちらにもありがとうございます。確かに最近の事件の方が怖かったりしますね。そういう意味では、30年以上前にどんな社会になるかを予見していたということになるのかも知れませんね。恐るべし、キューブリック。
Posted by FROST at 2006年10月25日 01:46
はじめまして。
私もこの作品大好きです。
トラックバックさせていただきます。
宜しくお願い致します。
Posted by 髭ダルマLOVE at 2007年02月22日 02:32
十代のころ、あらすじを聞いて恐怖を覚え、観る事が出来ませんでしたが、30歳を目前にやっとビディーる事が出来ました。
見終わった後はあまりの衝撃に消化不良を起こし、しばらくガリバー痛がしました・・。
Posted by カカト at 2007年03月02日 15:32
>髭ダルマLOVEさん
あ〜!すみません、ずいぶんお返事が遅くなってしまいました。TB届いてないみたいですが、良かったらまたよってやってください^^

>カカトさん
ん? ナッドサッド語? 使いこなしてますね・笑。40代半ばになると結構普通に見れますよ^^;
Posted by FROST at 2007年03月04日 20:20
TB致しました。

<時計じかけのオレンジ>とは、コックニーで「何を考えているか解らない変人」を指します。
また、原作者が暮したことのあるマレーシアの言葉マライ語で、orangは「人」のことですから、clockwork orangeとは「管理・統制された人間」という二重の意味を合せ持つようです。
Posted by オカピー at 2007年03月11日 18:43
オカピーさん、こんばんは。TBありがとうございました。なるほど、そういう意味ですか。二つあわせると”管理統制された変人”・・・なりたくも近づきたくもない人間ですねぇ・笑
Posted by FROST at 2007年03月14日 00:39
はじめまして、晴雨堂です。映画レビューを書いています。
 ラストのオチが「清々しい」映像ですね。
 それにしても、囚人の制服が背広ネクタイなのに驚きました。イギリスの刑務所は自殺者が出ないのでしょうか? あるいは出てもそれは自殺者本人の「責任」で看守の管理責任は問われないお国柄なのでしょうか? 
Posted by 晴雨堂ミカエル at 2007年12月12日 10:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25668964

この記事へのトラックバック

『時計じかけのオレンジ』
Excerpt:  1971年英 監・製・脚:スタンリー・キューブリック 原作:アンソニー・バージェス         音楽:ウォルター・カーロス 出:マルコム・マクドウェル  言わずと知れたキューブリック..
Weblog: Halloween Jack Staff の独り言
Tracked: 2006-10-19 12:46

「時計じかけのオレンジ」
Excerpt:  時計じかけのオレンジ 「時計じかけのオレンジ」 ★★★★ A Crockwork Orange(1971年アメリカ) 監督:スタンリー・キューブリック キャスト:マルコム・マクドウェ..
Weblog: NUMB
Tracked: 2006-10-22 12:46

「時計じかけのオレンジ」を観ました
Excerpt: 「時計じかけのオレンジ」 (A Clockwork Orange) 1971年イギリス 監督 スタンリー・キューブリック 出演 マルコム・マクダウェル パトリック・マギー ..
Weblog: 私が観た映画
Tracked: 2007-03-02 15:26

映画評「時計じかけのオレンジ」
Excerpt: ☆☆☆☆(8点/10点満点中) 1971年アメリカ映画 監督スタンリー・キューブリック ネタバレあり
Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
Tracked: 2007-03-11 18:35

時計じかけのオレンジ
Excerpt: やっと見た。20歳代前半、年に100本近く見ていた頃から気になっていながら20年
Weblog: わたしがいつか死ぬ日まで
Tracked: 2007-09-06 11:25

「時計じかけのオレンジ」-シニカルに世の中を嘲笑いたい時に 2
Excerpt: 技術的に完成度が高い。       映画の善し悪しは観る人の主観の問題である。技術面だけの評価なら満点に近い。理由は、昨今のバイオレンス映画ほど露骨で生々しい描写がある...
Weblog: 晴雨堂の耕晴雨読な映画処方箋
Tracked: 2007-12-12 10:07
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。