新ブログ『川越名画座』に引っ越しました。さらに充実した内容で運営していますので、ぜひご訪問ください。

2006年09月29日

アンリエットの巴里祭 1952年/フランス【DVD#118】

La_fete_a_henriette.jpg
 ”LA FETE A HENRIETTE ”

 監督:ジュリアン・デュヴィヴィエ
 脚本:ジュリアン・デュヴィヴィエ/アンリ・ジョルソン
 撮影:ロジェ・ユベール
 音楽:ジョルジュ・オーリック
 
 出演:ダニー・ロバン/ミシェル・オークレール/ミシェル・ルー/
   ヒルデガルド・ネフ/ポーレット・デュボスト/
   ジュリアン・カレット/ジャン・ドビュクール/
   アンリ・クレミュー/ルイ・セニエ



 詳しい作品情報はこちら
    ⇒allcinema
    ⇒IMDb(英語)


劇中劇が巧みだと聞いて、ぜひ見たかった映画です。

映倫にシナリオを却下された二人の脚本家(アンリ・クレミュー、ルイ・セニエ)が新しいストーリーを考えようと四苦八苦。ヒントがないかと新聞を広げてみますが、「自転車を盗んで、8歳の子供をつれた男が逮捕される。動機は自分の自転車が盗まれたから」(!)というような”つまらない”記事しかのっていません。(ちなみにこんなシャレが他にもあって、ダニー・ロバン演じるアンリエットを「スウェーデンから来た女優のイングリッド」と紹介したりデュヴィヴィエ監督遊ぶ気満々。自転車泥棒の記事の次に司教が何とか言ってましたがそれもでしょうかね?)

結局、巴里祭(7月14日)を舞台として、当日が誕生日のアンリエット(ダニー・ロバン)という娘を主人公としたラブ・ロマンスを書くことになります。しかし、ただロマンスを描くだけでは面白くない。いろいろと知恵を絞りますが、この二人は一方がフィルム・ノワール派、もう一人はメロドラマ派と全く好みが違います。結果、シナリオはあっちへ行ったりこっちへ行ったり、それぞれの奥さんとタイプ役の秘書も加わって実に騒々しいドタバタが展開します。

劇中のアンリエットと恋人ロベール(ミシェル・ルウ)、そしてアンリエットにひと目惚れする泥棒モーリス(ミシェル・オークレール)の三人をめぐるラブストーリーは、そのたびにストーリーがゴロンゴロン変わっていくわけで、その様がおかしいやら感心するやら。二つの物語の切り替えのテンポもぽんぽんと調子よく、ジョルジュ・オーリックのリズミカルな音楽もあいまって、観ているこちらの顔も思わずほころんできます。

デュヴィヴィエ監督に対してはどちらかというと悲観的な作品を作るイメージがあったのですが、こんなに楽しい映画も撮るんだなぁと改めてそのセンスの良さに驚かされました。

映像面でも、脚本家の場面は水平に固定されたカメラで正面から撮られた画が多いのに対して、劇中劇の場面は撮影の工夫が盛んです。カメラが傾けられていたり、ローアングルから建物の壁と空を入れてくるくるダンスをするシーンや、ビルの上から巴里祭の人ごみを俯瞰で捉えたり(雨が降って、パッとかさが開く中にひとつだけ白い日傘。。。とか)とずいぶん楽しませてくれます。

ラストシーン、ようやくシナリオがまとまって、二人の脚本家は主演のミシェル・オークレール(本人)にストーリーを説明しますが、それを聞いたオークレールが言った言葉は・・・。ラストも思いっきりひねりが効いておしゃれ。エンド・ロールに手をたたいて喜んだのは初めてでした。ジュリアン・デュヴィヴィエの腕が冴え渡った一本。★★★★☆

アンリエットの巴里祭
アンリエットの巴里祭ジュリアン・デュヴィヴィエ ダニー・ロバン ミシェル・オークレール

アイ・ヴィー・シー 2003-07-25
売り上げランキング : 75746

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 映画ブログへよろしくお願いします!

アクセス解析

posted by FROST at 18:22| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(1) | OLD:フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この映画は後にハリウッドでリメイクされていますね。
オードリー・ヘプバーンとウィリアム・ホールデン主演の『パリで一緒に』です。この映画でも色々なスターが小さな役で出ていましたよ。でも映画の出来は今一歩でしたね。
Posted by オショーネシー at 2006年09月29日 20:12
>オショさん、いつもコメントありがとうございます。『パリで一緒に』ってリメイクだったんですか。
『アンリエット〜』は、脚本家たちが、神様みたいに劇中の登場人物の運命をコロコロ変えていくところが面白まいです。
リメイク版は脚本家の方もロマンスがらみのようで、さすがにひねりを加えてきているみたいですね。なんといってもヘップバーンですから今度見てたいと思います。
Posted by FROST at 2006年09月30日 08:11
ご訪問・TB・コメントありがとうございます!
とっても気に入った作品なのですが
ブログに書いてらっしゃる方は少ないので
ここで見つけて嬉しかったこと♪
イングリッドのくだりはひょっとしたらと思いましたが、
自転車泥棒は気がつきませんでした(^^;)
Posted by iyahaya98 at 2006年10月07日 00:17
iyahaya98さん
喜んでいただけてよかったです・笑。iyahaya98さんのところで『巴里の空の下セーヌは流れる』もレビューされてますよね。こちらも結構楽しみにしている作品なので参考にさせていただきます。今後ともよろしくお願いします。
Posted by FROST at 2006年10月07日 09:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24619555

この記事へのトラックバック

「アンリエットの巴里祭」〜いちばんお洒落な巴里祭
Excerpt:   アンリエットの巴里祭1954年フランス監督/ジュリアン・デュヴィヴィエ出演/ダニー・ロバン ミシェル・オークレール ミシェル・ルー   ヒルデガルド・ネフ ポーレット・デュボスト ジュリアン・カレ..
Weblog: お茶の間オレンジシート
Tracked: 2006-10-03 22:30
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。