新ブログ『川越名画座』に引っ越しました。さらに充実した内容で運営していますので、ぜひご訪問ください。

2006年10月03日

イタリア旅行 1953年/イタリア【DVD#120】

Viaggio in Italia.jpg
”Viaggio in Italia”

監督:ロベルト・ロッセリーニ
製作:マリオ・デル・パパ/マルチェロ・ダミーコ
脚本:ヴィタリアーノ・ブランカーティ/ロベルト・ロッセリーニ
撮影:エンツォ・セラフィン
音楽:レンツォ・ロッセリーニ
出演:イングリッド・バーグマン
   ジョージ・サンダース
   レスリー・ダニエルズ
   ナタリア・ライ
   マリア・モーバン
   アン・プロクレマー
   ジャッキー・フロスト
   ポール・ミューラー

詳しい作品情報はこちら
    ⇒allcinema
    ⇒IMDb(英語)


ネタバレですよ

先日アップした『女の顔(1938年)』から15年経っていますが、中年になっても相変わらずバーグマンは美しい。『イタリア旅行』は公開当初国内の批評家にずいぶん酷評されたものの、フランスのヌーヴェルヴァーグ一派に再評価され、現在ではロッセリーニの代表作のひとつといわれています。

世紀のスキャンダルでバーグマンがロッセリーニの下に走ってから、彼女の主演で作られたロッセリーニ作品は全部で6本。6本すべてに何らかの形で”うまくいかない結婚生活”が描かれているというあたりが考えさせられますが、4作目の『イタリア旅行』のテーマまさにそのもの。中年夫婦の危機と再生。

この映画の中でジョージ・サンダースとバーグマンが扮する中年夫婦は奇跡的な絆の回復を果たしますが、実生活ではすでにバーグマンとロッセリーニの仲には暗雲が垂れ込めていたようです。バーグマン主演作品はどれも興行的成功に恵まれず、経済的にも追い詰められた二人の関係はその後も好転することはありませんでした。翌年『不安』を撮った後二人はついに破局。ロッセリーニは4年間の沈黙に入ります。

ロッセリーニはどんな気持ちでバーグマンを演出していたんでしょうね。実生活の不仲さえも作品にしてしまうプロ根性の現われなのか、それともこの作品はバーグマンに対する切ない願いだったのか、どちらにしても実際の結婚生活が危機に瀕している時期に製作されたことには驚きを感じます。

美しい音楽と共に開巻すると、死んだ伯父が残した別荘を処分するためにナポリへと車を走らせているキャサリン(バーグマン)とアレックス(ジョージ・サンダース)の姿があります。ゴダールが「一組の男女と一台の車があれば映画が出来ると悟った」とのたまった車のシーンですが、一見して二人の間には冷たいものが流れています。言葉の端々にするどい棘が見え隠れしていたり、なんともいえない気まずい”間”がつらかったり。冒頭から丁寧な不仲の描写がリアルです。

ホテルに到着して、キャサリンは”私たちはまるで他人同士のようだ"と言います。結婚して8年、初めての夫婦旅行。皮肉なことにその初めての夫婦旅行で、今まで直視せずに来た夫婦の溝があらわになってしまいます。しかし、表向きは仲むつまじく装い、二人は叔父の別荘が売れるまで滞在することになります。

夫婦で一緒にいる時間が増えたがために、返って二人の間の溝がくっきりと意識される。で、意識されると必ずそれを広げにいってしまうんですねぇ。面白いですねぇ。でも妙に・・・実感できるんだなあ。夫婦関係がこの状態になると、何をやっても裏目に出ますよね。夫婦ってうまく出来てるもので、どちらかが”相手のことが気に入らない!”などと思っているときは、ほぼ同等のエネルギーで相手も同じことを考えていますから、どんな些細なことでもネガティブにスパイラルしていくわけです。

なにげなくキャサリンが話した死んだ恋人の話に、アレックスは冷たく反応し、彼女はその傲慢さに我慢できず、一人でナポリ観光に出かけてしまいます。そして、彼女が勝手に車を使ったことで今度はアレックスが激怒してついに離婚話に・・・・・。やはり、夫婦危機渦中の人だっただけあって、折り重なる二人の感情と加速していくネガティブスパイラルの描写が見事です。

しかしこの夫婦には救いが残されています。まだ互いのことに全く無関心になってしまったわけではありません。パーティでそれぞれ相手が他の異性と親しくしているのを見ては心をかき乱されています。わずかに再生のための土壌が残されているわけです。。

一人で観光地を巡るキャサリンの見るものや、アレックスがフラれる人妻との会話。こういうものがわずかな土壌の上で種火となって再び夫婦の愛情は燃え上がり、ラストを迎えるのですが・・。

このラストシーンは、評価が紆余曲折した大きな原因になってるでしょうね。イタリアのネオレアレズモ批評家の目には全くのご都合主義に写ったことでしょう。

このラストって、ほぼ100%メロドラマのラストシーンですよね。”中年夫婦の危機を冷徹に描写した作品”ではなく、スター”バーグマン”と”サンダース”のちょっと劇的な恋愛ドラマの予定調和的ラストシーンであると。そういう理解で観れば、全体としてかなり楽しめるんじゃないでしょうか。★★★☆☆

イタリア旅行 (トールケース)イタリア旅行 (トールケース)
ロベルト・ロッセリーニ イングリッド・バーグマン ジョージ・サンダース

アイ・ヴィー・シー 2004-05-25
売り上げランキング : 13051
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



にほんブログ村 映画ブログへよろしくお願いします!

アクセス解析
posted by FROST at 23:59| 埼玉 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | OLD:イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
レアな作品にTBありがとうございます。
勿論こちらからもTBさせていただきました。
夫婦の機微を色々分析なさって
面白く拝見いたしました。
>返って二人の間の溝がくっきりと意識される
旅行って環境が変わったり疲れたりするので
わがままが出ちゃうんですよね。
それにしても
ロッセリーニとバーグマンのことをもっと知っていたら
もっとこの作品を楽しめたのにと残念です。

Posted by iyahaya98 at 2006年10月07日 13:20
iyahaya98さん
コメントTBこちらこそありがとうございます。毎日前夜にシナリオを渡されて、ジョージ・サンダースが神経衰弱気味になったというような話もありますね。即興に近い演出であれだけ細かな夫婦の機微を映像化できるとは、ロッセリーニはすごいなと思います。
Posted by FROST at 2006年10月08日 01:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「イタリア旅行」〜コンサバのお手本・バーグマン
Excerpt: 1953年イタリア監督/ロベルト・ロッセリーニ出演/イングリッド・バーグマン ジョージ・サンダース   レスリー・ダニエルズ ナタリア・ライ結婚8年目のアレックス(ジョージ・サンダース)とカトリーヌ(..
Weblog: お茶の間オレンジシート
Tracked: 2006-10-07 13:14
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。