新ブログ『川越名画座』に引っ越しました。さらに充実した内容で運営していますので、ぜひご訪問ください。

2006年08月14日

恐怖の報酬 1953年/フランス【DVD#105】

LE SALAIRE DE LA PEUR.jpg

”LE SALAIRE DE LA PEUR ”

監督: アンリ=ジョルジュ・クルーゾー
原作: ジョルジュ・アルノー
脚本: アンリ=ジョルジュ・クルーゾー
撮影: アルマン・ティラール
音楽: ジョルジュ・オーリック

出演: イヴ・モンタン/ シャルル・ヴァネル/ペーター・ヴァン・アイク/フォルコ・ルリ/ヴェラ・クルーゾー

詳しい作品情報はこちら
    ⇒allcinema
    ⇒IMDb(英語)



ネタバレ気味です。

2時間半に及ぶ長時間作品にもかかわらず、緊張の連続であっというまに時間が過ぎてしまった。 こういう”体感型サスペンス”(変な言い方だけど)映画もフランス人がつくるとずいぶん趣が違うもんだなぁと感心した。

前半のつくりがとっても重要ですね。

舞台は、メキシコに近いうらぶれた町。 主人公のマリオ(イブ・モンタン)たちはこの町に流れ着いたよそ者。金も希望もない。 町を出たいが、そのためには稼がなければならない。 しかし、町に仕事はない。

「入る事は簡単だが、出ることはできない監獄のような町」

とマリオが言うとおり。まさに吹き溜まりである。 出て行きたくてもなすすべもない男たちは酒場にたむろし、亭主ともめたり、痰を吐き散らしたり、犬に石を投げつけたりする。 中米あたりの酷い暑さと男たちのイライラがスクリーンに充満してむせ返りそうな気分になる。

オープニングのひもに結び付けられた虫のショットは、この町にからめとられてあがく男たちの暗示であったかと妙に納得したりする。 この町の閉塞感がひとつの大事な要素であることは間違いない。

そういう町にジョー(シャルル・ヴァネル)という男が現れる。実はタクシー代も払えないくらい素寒貧で、早い話が他の煮詰まった男たちとなんら変わりはない。だが、どこか大物の風情で、同じパリ出身ということもあり、あっという間にマリオと意気投合する。

それまで、炊事に洗濯にと甲斐甲斐しくマリオの世話をしていたルイージ( フォルコ・ルリ)は、当然のごとく面白くない。ジョーのことが気に入らない。このあたり、男同士の三角関係が微妙である。

ルイージとジョーは酒場でついに正面から対決するが、ジョーの貫禄勝ち。ここで、マリオとジョー、ルイージを中心 とする人間関係が定義される。大物のジョー、崇拝者のマリオ。ジョーに屈したルイージ。この人間関係が二つ目の重要要素か。

前半の1時間にわたる丁寧な作りこみで、町の閉塞感と人間関係が鮮明になり、同じくテーマがはっきりしてくる。すなわち、このどん詰まりの町から脱出できるかどうか。 つまり、抜き差しならないほど行き詰ってしまった人生から、果たして脱出することは可能なのかということである。

で、その脱出のためのツールとして後半提供されるのがボロトラックによるニトロ運搬。できすぎでしょう。

どん詰まりから脱出するための危険極まりない賭け。当然、マリオたちは命を賭ける。そもそも半端じゃない。しかもその上、いかにも頼りになりそうだったジョーが実は腰抜けだったため、マリオのテンパリ方は尋常じゃない。あとはもう、、、サスペンスの洪水ですよ。お見事。

石油の沼でのマリオの鬼気迫る顔とか、立小便仲間に入れてもらえないジョーの哀れさとか、忘れられないなあ。マリオ、ジョー、ルイージそれぞれがたどる運命はいかにもフランス映画っぽくて、やっぱりこういうのがフランス流の決着のつけ方なのだなぁと妙に納得してしまった。

★★★★★

恐怖の報酬
恐怖の報酬アンリ・ジョルジュ・クルーゾー オーリック イヴ・モンタン

ビデオメーカー 2002-04-26
売り上げランキング : 19767
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



にほんブログ村 映画ブログへよろしくお願いします!

アクセス解析
posted by FROST at 01:17| 埼玉 ☁| Comment(3) | TrackBack(2) | OLD:フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これは怖かったです。
はらはらしっぱなしでした。
やっとニトロを届けてほっとしたら、
ハッピーエンドじゃなかったし・・・。
でも、良い作品ですよね。
Posted by sesiria at 2006年09月10日 23:57
>sesiriaさん
ラストショックでしたねぇ。ちょっと予感はしましたけどね。冒頭の虫とおんなじで誰も・・・。
Posted by FROST at 2006年09月13日 00:52
こんばんは★
コメント&トラックバックありがとうございました。

ホントに面白かったです!!

誰が助かって誰が死ぬのか・・・。
全然予想が付きませんでした。

トラックが走り出すまではダラダラしてたので何度も寝ちゃいましたが(笑)、それ以降は一気に観ちゃいました。

やっぱり名作は良いね!ってしみじみ思いました。
『悪魔のような女』も観てみますね。
Posted by マイコ at 2006年11月18日 21:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22316873

この記事へのトラックバック

恐怖の報酬
Excerpt: (1953/アンリ=ジョルジュ・クルーゾー監督・脚本/イヴ・モンタン、シャルル・ヴァネル、ペーター・ヴァン・アイク、フォルコ・ルリ、ヴェラ・クルーゾー/149分)  1953年。あの「ローマの休日」..
Weblog: ::: SCREEN :::
Tracked: 2006-08-15 20:29

恐怖の報酬
Excerpt: 『恐怖の報酬』 あらすじ 『中南米の山の奥地で油田火災が発生。爆薬のニトログリセリンで消火するため、運搬役が募集される。命懸けの危険な仕事だが大金の報酬を求めて、底辺の暮らしから脱..
Weblog: 39☆SMASH
Tracked: 2006-11-14 17:12
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。