新ブログ『川越名画座』に引っ越しました。さらに充実した内容で運営していますので、ぜひご訪問ください。

2006年01月21日

#0047『間諜最後の日』アルフレッド・ヒッチコック監督 1936年イギリス

secret agent.jpg”Secret Agent"

監督: アルフレッド・ヒッチコック Alfred Hitchcock
原作: サマセット・モーム Somerset Maugham
脚本: チャールズ・ベネット Charles Bennett
撮影: バーナード・ノールズ Bernard Knowles
音楽: ルイス・レヴィ Louis Levy
 
出演: ジョン・ギールグッド John Gielgud
    パーシー・マーモント Percy Marmont
    ピーター・ローレ Peter Lorre
    マデリーン・キャロル Madeleine Carroll
    ロバート・ヤング Robert Young
    リリー・パルマー Lilli


第一次大戦下、ドイツとアラブの接近を阻止するため敵のスパイ暗殺指令を受けたブロディ。腕利き保険調査員のアシェンデンとして助手”モンテズマ将軍”とともにスイスに向かうが、ターゲットについての具体的情報は何もない。もう一人の女スパイエルサと合流して調査を続け、何とか探し出したターゲットを登山に連れ出して始末する。ところがこれは人違いであり関係のない民間人を殺してしまったことが判明する。

ヒッチコックがプロのスパイを主人公にするのは結構珍しいですね。大体は、事件にまったく関係のない民間人がちょっとしたきっかけで巻き込まれるパターンですが。

主役のアシェンデンを演じているジョン・ギールグッドは、イギリスで主に舞台を中心に活躍した俳優。”炎のランナー”の校長やってた人ですね。本作のころはまだ30歳そこそこですが絵に描いたような二枚目。このころはすでにシェイクスピア劇で高い評価を得ており、同じ36年には「ハムレット」の名演がありました。

調べてみるとギールグッドは、エミー賞(TV)、グラミー賞(音楽)、アカデミー賞(映画)、トニー賞(演劇・ミュージカル)のすべてを受賞した数少ない俳優でした。プロデューサーや作曲家なども含めて今までに9人しかいない4章受賞で、その中にはオードリー・ヘップバーンやバーブラ・ストライサンド(合計16回受賞!)、ライザ・ミネリ、ウーピー・ゴールドバーグなどの名前が見えますが、純粋に演者として4賞を受賞したのは彼を含めて3名ほどしかいないようです。

4年後にハリウッドに渡ったヒッチコックは、アメリカ社会におけるサスペンス映画の地位の低さに悩まされ、一流の俳優から出演を断られて四苦八苦することになりますが、1930年代のイギリスではすでにかなりの地位を得ていたのでしょうか。若いヒッチコック監督がギールグッドのような舞台の一流役者を起用できたことに感心しました。

そして今回のピーター・ローレは、スパイ助手の怪人モンテズマ将軍。別名”ハゲのメキシコ人”。ショートアフロ(パンチパーマ?)にドーランを塗って変な英語をしゃべります。女と見ると誰でも口説く軽いノリですが、実は暗殺などのダーティな仕事を一手に引き受ける凄腕スパイ。にわかスパイのアシェンデンをリードして任務遂行を助けます。

もともと、芸達者で作品ごとにまったく異なる雰囲気を漂わせるピーター・ローレですが、今回の役柄はひときわ愉快でした。軽くおどけた表情の合間に時々見せる暗殺者の凄みの効いた表情が絶品。

この作品、多少ストーリーの盛り上がり感に欠けるのですが、ギールグッドとローレの名演技に大いに助けられているなと感じました。(ラストシーンのローレの扱いはあんまりだ)

ということで、評価は星4つ★★★★☆(二人の演技に★ひとつ追加して4つ)

次回は、1937年の”第3逃亡者”。”暗殺者の家”の子役ノヴァ・ピルビーム主演。


間諜最後の日
B0007TKQE4マデリン・キャロル アルフレッド・ヒッチコック ジョン・ギールグッド

GPミュージアムソフト 2004-11-25
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



banner_02.gifにほんブログ村 映画ブログへ
よろしくお願いします!

アクセス解析
posted by FROST at 23:58| 埼玉 🌁| Comment(5) | TrackBack(1) | OLD:イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これも見たハズ...ものすごくモヤモヤイメージです・笑。
サマセット・モームが原作というところに反応しました。わたしの中ではそんな作家というイメージがなかったので。
Posted by かよちーの at 2006年01月22日 13:15
ブログ開始当初にUPした本作の映画評をTB致しました。

私もヒッチコック特集を始めました。当初は順不同でしたが、FROSTさんとは逆に「ファミリー・プロット」から遡ることに致しました。現在「トパーズ」まで来ていますので、是非ご贔屓に。最終的にはデビュー作「快楽の園」まで行きたいのです。
Posted by オカピー at 2006年01月22日 15:46
>かよちーのさん
モヤモヤイメージ、この作品に限ってはよくわかりますよ。見た直後でももやもや気味です・笑 モームは確かに意外ですね。短編2本と舞台劇を原作としたらしいです。

>オカピーさん
お、オカピーさんのヒッチコック特集とは期待大ですね。ぜひ観させていただきます。”快楽の園”から”第十七番”までの作品がなかなか手に入らないんですよね。英国劇場DVD-BOXを必死で探索中です
Posted by FROST at 2006年01月23日 01:12
>”快楽の園”から”第十七番”までの作品がなかなか手に入らないんですよね

 第2作「山鷲」、第16作「ウィーンからのワルツ」は持っていない(従って未見)ように思います。恐らく残りは全て持っているはずです。手に入りにくいものは、輸入でゲットしました。
 しかし、「暗殺者の家」以前のものは重要度が低い(「下宿人」を除く)ので、昔書いたものをそのまま載せてしまおうと思っています。
Posted by オカピー at 2006年01月25日 14:20
観ていないのが2作だけというのもすごいですが、輸入でゲットというのにも執念を感じますね・笑
Posted by FROST at 2006年01月27日 10:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12048150

この記事へのトラックバック

映画評「間諜最後の日」
Excerpt: ☆☆☆(6点/10点満点中) 1936年イギリス映画 監督アルフレッド・ヒッチコック ネタバレあり
Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
Tracked: 2006-01-22 15:35
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。