新ブログ『川越名画座』に引っ越しました。さらに充実した内容で運営していますので、ぜひご訪問ください。

2005年12月15日

#0035『父ありき』小津安二郎監督 1942年/日本

titiariki.jpg監督: 小津安二郎
脚本: 池田忠雄
    柳井隆雄
    小津安二郎
撮影: 厚田雄治
美術監督: 浜田辰雄
衣裳: 斎藤耐三
編集: 浜村義康
音楽: 彩木暁一
演奏: 松竹交響楽団
音響効果: 斎藤六三郎
 
出演: 笠智衆 (堀川周平)
    佐野周二 (良平)
    津田晴彦 (少年時代)
    佐分利信 (黒川保太郎)
    坂本武 (平田真琴)



「しっかりやんなさい。何も悲しいことはないぞ。お父さんはできるだけのことはやった」

金沢で中学教員をする周平は妻をなくし息子良平と二人暮し。修学旅行のボート事故で教え子を亡くした周平は引率教員として責任を感じて辞職し、生まれ故郷の信州に戻る。そこで良平は中学生となり寄宿舎生活を送ることになるが、周平は息子の将来に備えて人生をやり直す決意を固め、一人東京に出て工場づとめを始める。お互いにいつかは一緒に暮らしたいと願う二人だが、良平は仙台の帝大を出て秋田で中学教員となる。成長した良平が東京を訪れ、父子は温泉宿で久々に二人の時間を過ごす・・・。

今まで見た小津映画は4作品(麦秋、お茶漬の味、東京物語、彼岸花)は全部1950年代でしたが、今回はじめて40年代の作品を鑑賞。戦時中の作品です。4作品に共通する”小津様式美”のような特徴とは少し趣が異なるようですが、それでも”ああ、小津映画だ”という満足感には十分浸れます。

笠智衆の父親周平は実にすばらしい。だんだんと距離が離れていく息子に対して、実に淡々と話しかけます。妻が無くなってからずっと二人で暮らしてきた父子ですし、父の細かなしぐさから息子をどれだけ愛しているか十分読み取ることができます。その息子と離れていく時に、むやみに感情を表に出すこと無く、自分の気持ちを押さえて話す父。見事なほどに無表情ですが、無表情ゆえにかえって父の心情が痛いほど伝わってきます。

今まで見てきた作品では家族が一つ屋根の下で住んでいるためにおきる摩擦とかすれ違いとかがテーマになっていましたが、この作品には”家”がありませんね。父親と息子の2ショットは列車の中であったり、駅の食堂であったり、荒れ城の石垣の上であったりします。あるのは父と子の親子の絆だけで一緒に過ごす家はありません。東京を訪れた良平と周平が過ごすのも”家”ではなく温泉宿。再度訪れた良平がはじめて父が暮らす”家”を訪れ一週間を過ごしますが、それも息子の出征によって長くは続くことのないさだめです。

結局この二人は互いに求めながら再び家族として同じ家で一緒に暮らすことがかなわないわけですが、この映画の作られたのが戦時中の、しかもそろそろ戦局が悪化してくる1942年であることを考えると、家族が次々と引き裂かれ、家がどんどん壊れていく中で、ひたすらに家族を求める姿を反戦的に描きたかったんだろうか、などと考えてしまいます。

脇を固める役者も味わい深く、特に同僚の教師平田を演じる坂本武がいいです。無骨な風情ですがなにかこう人としてのやさしさが滲み出していますね。若き日の佐分利信も登場。あまり登場シーンは多くありませんが印象に残る演技を見せてくれます。やっぱりスピーチがうまい(笑)

この作品、DVD-BOX以外はVHSしかないのですが、VHSの画質・音質が非常に悪かったのが残念。雑音がひどくてセリフの聞き取れないところもあり、画質音質には寛容な私もさすがにちょっと閉口しました。DVDはきちんとデジタル処理されているようですね。BOX買っちゃおうかなぁ。

評価は星5つ★★★★★

B00009XLL9小津安二郎 DVD-BOX 第三集
小津安二郎 阪本武 大日方伝

松竹 2003-11-22
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



banner_02.gifにほんブログ村 映画ブログへ
人気Blogランキングもぜひよろしくお願いします!

アクセス解析
posted by FROST at 01:26| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(1) | OLD:日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBさせて戴きました。
それから、相互リンクしたいと思っております。宜しくお願い申し上げます。
この作品については、より小津らしくなった時代の作品といった印象ですが、確かに台詞が聞きづらいのには閉口しました。
現在わがブログにて小津特集を展開中。12本掲載中ですので、宜しければご参考にどうぞ。
Posted by オカピー at 2005年12月16日 22:17
>オカピーさん
いつもコメントありがとうございます。相互リンクの件、実はこちらからお願いしようかと思っていたところでした(笑)ぜひよろしくお願いします。
小津特集のぞかせていただきます^^
Posted by FROST at 2005年12月16日 22:33
良い作品でしたね。淡々と描かれていてしかも深い愛情が溢れていて・・・。
笠智衆さん、素晴らしいですね。
あんな俳優さんはもう、ちょっと
出てこないんじゃないでしょうか。
私も音声が聞き取りにくく、困りました。
Posted by sesiria at 2007年04月19日 18:04
sesiriaさん、コメントありがとうございます。この作品の笠さんは味わい深かった。この春、うちの長男が大学生となって家を出ました。ちょっと自分で書いた文章ながら、読み返すとウルッときました・笑。親子は素晴らしい。それを演じきる笠智衆という俳優が日本にいて本当に良かったですね。
Posted by FROST at 2007年04月20日 01:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10675509

この記事へのトラックバック

映画評「父ありき」
Excerpt: ☆☆☆☆(8点/10点満点中) 1942年日本映画 監督・小津安二郎 ネタバレあり
Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
Tracked: 2005-12-16 17:54
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。