新ブログ『川越名画座』に引っ越しました。さらに充実した内容で運営していますので、ぜひご訪問ください。

2005年12月03日

#0029『舞台恐怖症』アルフレッド・ヒッチコック監督 1950年/アメリカ

stagefright_1.jpg"Stage Fright"

監督: アルフレッド・ヒッチコック Alfred Hitchcock
製作: アルフレッド・ヒッチコック Alfred Hitchcock
原作: セルウィン・ジェプソン
脚本: ウィットフィールド・クック Whitfield Cook
撮影: ウィルキー・クーパー Wilkie Cooper
音楽: レイトン・ルーカス
 
出演: マレーネ・ディートリッヒ Marlene Dietrich (シャーロット)
    ジェーン・ワイマン Jane Wyman (イヴ)
    リチャード・トッド Richard Todd (クーパー)
    アリステア・シム
    ケイ・ウォルシュ Kay Walsh
    パトリシア・ヒッチコック Patricia Hitchcock



「怖い人」「お前は本当の恐怖を知らない」

夫を殺してしまったシャーロット(ディートリッヒ)は恋人のクーパーに助けを求める。彼女のために、ドレスをとりに行ったクーパーは現場を偽装している最中たまたま戻ったメイドに見つかり逃亡。殺人犯として警察に追われることになる。クーパーを匿う友人のイヴ(ワイマン)と父親は何とかクーパーの濡れ衣を晴らそうとシャーロットに接近するのだが・・・。

1950年にヒッチコックがイギリスで撮影したイギリス的推理ドラマ。トリュフォーには「ヒッチコックのキャリアの汚点」とまで酷評されてます(from「定本・映画術」)ヒッチコックも否定していませんね。理由は、ヒッチコックが最も嫌う”フーダニット(犯人探し)”の形式をとっていることと、悪役が全くなっていないということ。それともうひとつが冒頭のクーパーの回想シーンに関してですが、これは書くと本作を見る価値がなくなるくらい完全にネタバレしますので伏せておきます。

ということであまり評判のよろしくない作品ですが、個人的にはこの映画結構楽しめましたよ。役者志望のイヴはメイド・ドリスに化けてシャーロットに近づくわけですが、平行してクーパーを追う刑事スミスとも近しい関係になります。クーパーを追ってシャーロットの元を訪れるスミス。ドリスとしてそばで仕えるイヴが間一髪で正体を隠しおおせるくだりや、ラストシーンの劇場のオーケストラピットの暗闇で真相が明らかになっていくシーンではイヴとクーパーの目と手のクローズアップが劇的に真相と絡み合っており、ヒッチコック作品として十分見ごたえのあるつくりだったと思います。

stagefright_2.jpg私としては、この作品で一番楽しみにしていたのはマレーネ・ディートリッヒ。当ブログでは”間諜X27”についで二回目の登場です。1901年生まれですからこの作品のときはすでに49歳で孫もいたんですよね。しかしとてもそんな年齢には見えない美しさにはただただ唖然。堂々たる悪女ぶりに拍手喝采です。クローズアップ、全身ショット、歌うシーンも複数有りヒッチコックとしてもかなり気を使って演出をしたのかなと感じさせます。定本・映画術にはディートリッヒに関するコメントはないようですが、ヒッチコックが彼女をどう見ていたのか知りたいですねぇ。残念。


評価は星3つ★★★☆☆(確かにあの回想シーンのオチはちょっとねってことで)

1949年〜1950年のイギリスに帰国しての映画づくりはあまりうまくいかなかったようですが、翌51年には再びアメリカで傑作”見知らぬ乗客”を撮っていますね。次回はその”見知らぬ乗客”に参ります。


banner_02.gifにほんブログ村 映画ブログへ
人気Blogランキングもぜひよろしくお願いします!

アクセス解析
posted by FROST at 23:43| 埼玉 ☁| Comment(4) | TrackBack(3) | OLD:アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私もこの映画、好きです。
たしかにちょっと、のんびりした演出という所もあると思いましたが、最近のサスペンスが殺伐としたものが多いから逆に好感を持ちました。ヒッチコックは、ユーモアがあるから好きです。
Posted by SESIRA at 2006年09月08日 22:15
>SESIRAさま
あんまりこの作品が好きだという方にめぐり合わないので少しほっとしました・笑。ヒッチコック本人は極めて不満だったようですが、面白い部分も結構あったと思います。
Posted by FROST at 2006年09月10日 19:47
49歳で孫有りのマレーネ...なんだかすごいですね。
顔をすっきりさせるために奥歯を抜いたというところからして根性があると思いました。
Posted by かよちーの at 2006年11月08日 18:18
奥歯抜いたって、そんなこともしてましたか・驚。最近みた『情婦』では50半ばで足出してましたからね。いやー、すごいわ・笑
Posted by FROST at 2006年11月11日 00:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

映画評「舞台恐怖症」
Excerpt: ☆☆★(5点/10点満点中) 1950年イギリス映画 監督アルフレッド・ヒッチコック ネタバレあり
Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
Tracked: 2006-05-29 03:09

A・ヒッチコック「舞台恐怖症」 フラッシュバックのカメラワーク
Excerpt:  「舞台恐怖症」について。  大方の評価どおり面白くない。が、その面白くなくさせている原因とされる虚偽のフラッシュバックが、映画を駄目にしているくせに、それだけだと滅法面白いのだ。  フラッシ..
Weblog: 撮影監督の映画批評(たまに写真や撮影のTIPSも)
Tracked: 2006-07-31 01:13

舞台恐怖症
Excerpt: 舞台恐怖症 特別版 ++story++ 舞台女優シャーロット(マレーネ・デートリッヒ)は愛人のジョナサン宅へやってきた。 ++++++ ヒッチコック監督作品です。 ストーリーは凝..
Weblog: cino
Tracked: 2006-11-08 14:16
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。